ブログやWebサイト構築の為にドメインの取得と

サーバーのレンタルをしたものの

問い合わせ先のアドレスがブログサイトのドメインと別で嫌じゃないですか?

 

 

例えば、このサイトで言うと

サイトアドレス:https://infinityakira-wp.com/

問い合わせメールアドレス:otoiawase@gmail.com

みたいな感じです。

 

 

 

折角だったら、

メールアドレスも統一させて

otoiawase@infinityakira-wp.com

にしたいですよね!

 

 

今回は、その方法をお教えします!

  • 専門知識不要
  • 追加費用不要

レンタルしたサーバーがあればすぐにできます。

 

 

統一されたドメインであるメリット

「そもそもドメインが別でもいいんじゃないの?」

と、思う方もいらっしゃると思います。

 

個人であれば、そこまで問題はないと思います。

 

しかし、商用だったりビジネス用の場合

ドメインが違うと、違和感を感じられますよね。

会社名のドメインじゃないメールアドレス…。

最近はGmailアドレスの方も多いですが

素人感丸出しじゃないですか?

 

またお金が絡む場合、管理者がサイトドメインと別のドメインのメールアカウントから

連絡が来ると、本当にそのサイト管理者なのかどうか怪しく思いませんか?

信頼度も下がってしまいます。

 

○○.comというサイトで買い物をしたのに

××@gmail.comからメールが来る…。

 

僕なら疑います。 

 

結論、サイトとメールのドメインが別の場合メリットはなくても

デメリットが多いので、ビジネス用として運用するのであれば

ドメインは統一したほうが良いでしょう。

 

 

それに、想像してみてください。

あなたがビジネス用サイト運営者で

サイトとメールのドメインが統一された情報が記載されている名刺を…。

本格的な感じがしますよね!?

 

 

また、ビジネス用でなくとも

プロバイダーのメールサービスをわざわざ使わなくても

サーバーのレンタル代だけでまかなえる

独自ドメインのメールアドレスが持てたらいいですよね!^^

 

取得代行サービスにお金を払うのは大変もったいないです。

何故なら、たった5分でその代行代を浮かせることが出来るのですから。

 

とても簡単な設定でそれが出来ますので

是非今日から独自ドメインのメールアドレスを取得してください^^

 

 

スポンサーリンク

まずはサーバー側でメールアカウントを作成しよう

今回解説するのは、エックスサーバーです。

 

WordPressを使たブログサイト構築するなら

サポート万全、機能多彩で、操作も簡単で初心者にもお勧めできるサーバーです!

もし、サーバーを迷っているなら断然エックスサーバーですよ!

しかも、今ならドメインが1つ無料でついてくるので

無茶苦茶お得で便利ですしね!(^^)b

xserver201503

 

サーバーのコントロールパネルへとログインしましょう

まずは、トップページから、ログインをクリックします。

mail01

 

サーバーパネルへログインしましょう

次に、表示される【インフォパネル】に表示される契約中のサーバーIDの

【サーバーパネル】の【ログイン】をクリックします。

mail02

 

メールアカウント設定画面を開きましょう

ログインしたサーバーパネルのメール項目一番上にある【メールアカウント設定】をクリックします。

mail03

 

メールアカウントを設定したいドメインを選びましょう

表示される【ドメイン選択画面】から、メールアカウント設定をしたいドメインの【選択する】をクリックします。

例)この場合は、

https://infinityakira-wp.com/のブログサイト用のメールアカウントを設定したいので

infinityakira-wp.com のドメインを選択します。

これにより、メールアドレスは ”任意の英数字文字列@infinityakira-wp.com” とすることが出来ます。

mail04

 

好きなメールアカウントを作成しましょう

選択したドメインの【メールアカウント設定】の画面が表示されますので、

まずは【メールアカウント追加】タブをクリックして追加画面を開きます。

開かれた画面上でメールアカウント、パスワードを指定してください。

メールアカウントはここでいうと ○○@infinityakira-wp.com

○○の部分です。

パスワードは英語だけでも設定できますが、数字も混ぜた方がセキュリティーが向上します。

例えばここで、ランダムなパスワード生成して使うのもありです。

パスワード生成ページを開く

 

容量は、どこまでデータをためておくか保存容量ですね。

文章が多いメールのやり取りなら、特にそのままでもいいですし

最大5000M(5G)まで設定可能なので範囲内ですきにどうぞ^^

 

コメントは、何用のメールアカウントと分かるようにするためのものですが

メールアカウントを量産しないのであれば特になくても問題ないです。

 

最後に【メールアカウントの作成(確認)】ボタンをクリックします。

この時点では作成されません。

mail05

 

間違いがないか確認の上、メールアカウント作成しよう

設定した内容が間違っていないか、確認画面が表示されます。

確認の上、【メールアカウントの作成(確定)】をクリックします。

mail06

 

これで完成!

この画面が表示されれば、メールアカウントは無事に作成されました!

後は、使いたいメールソフトで設定すればOKです!

mail07

 

 

設定は他のメールアカウントと同じなので簡単!

無事にメールアカウントの作成が出来れば、後はプロバイダーのメールアドレスや

無料のメールアドレス同様に

メールソフトや、各種スマホからもメールのやり取りができるようになります♪

オリジナルのメール…世界で一つだけのあなたブランドのメールアカウントです!

大切に使いたいですね^^

 

詳しい設定方法は、こちらで解説してありますのでご参考になさってください。

もし分からなければ、お手伝いしますので、お問い合わせください^^

エックスサーバーのメール設定方法

 

 

まとめ これで無料メールアカウントを量産しなくて済む

これを知るまで、無料のメールアカウントを使い分けていました。

Googleアカウントの為に取得しておく必要はありますが

サービスごとにそんなに何個もいらないじゃないですか(^^;

アカウントきり変えておくのも面倒ですし…。

 

これで、僕も晴れてオリジナルメールアカウントを取得することが出来たので

以降はそれを活用しようと思います。

 

既にサーバーのレンタルをして、独自ドメインを取得されているなら

お一ついかがですか?^^

 

manual