今回は、WordPressサイトでのコメント欄の設定を最適化する方法について解説します。

 

渾身の記事にコメントがもらえたら嬉しいですよね!

ブログ上でのメッセージのやり取りも大切なコミュニケーションです。

 

ただ、設定をしっかりとしておかないと、スパムコメントを残されてしまう場合があります。

スパムコメントがあるブログサイトの信頼度は落ちてしまうリスクがありますので、

コメント欄も最適な設定をしておいて、閲覧者に信頼されるブログにしましょう。

 

今回も真似るだけで簡単に最適化が出来ますので、サクッと設定しましょう!^^

 

スポンサーリンク

コメント欄の設定を最適化する方法

コメント欄は、自由に書き込みが出るようにすることもできますが、先に述べたように

スパム対策ができませんので、管理人の承認後に公開設定できるようにすることをお勧めします。

 

ダッシュボードの設定ディスカッションの順にクリックします。

setting_comment01

このような画面が表示されます

setting_comment02

以下、各項目を解説していきます。

 

投稿のデフォルト設定

ここの項目では、コメント部分の基本的な設定をします。

 

この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる

ここにチェックをいれると、記事内で言及した外部リンク先へ

「リンクしていること」を伝えることができます。

リンク先のブログと交流をはかりたい時にはチェックをいれておきます。

 

他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける

ここにチェックを入れておくと、ピンバックを受け取ったり

トラックバックを受け取ることができます。

他のブログからナチュラルリンクを受けたということがわかります。

 

新しい投稿へのコメントを許可する

コメントを使わない場合には、チェックを外します。

 

他のコメント設定

ここの項目では、コメント欄の細かい設定をします。

 

名前とメールアドレスの入力を必須にする

この部分のチェックを外すと、名前とメールアドレスを入力しなくてもコメントできるようになりますが、

先にお伝えしたように、誰でも投稿できるようにすると、スパム投稿をされる可能性が高まるので、チェックを入れておくことをおすすめします。

チェックを入れてお、コメントはつきにくくなる反面、匿名性が無くなるので、コメントの内容的に信用度が高まる傾向にあります。

(匿名でのコメントより名前表示される方がポジティブなコメントがつきやすい)

 

自分宛のメール通知

コメントがついた時に、サイト管理者にメールで知らせるかを設定します。

基本的には通知された方が良いので、チェックをいれておきます。

管理者からのレスポンスが早いのは印象が良いので、通知はあった方がよいですが

あまりにも通知が多くていやだという方は、無理にチェックする必要はないでしょう。

ダッシュボードの設定一般で登録しているメールアドレスに送信されます。

ニックネームの簡単な設定方法

 

コメント表示条件

ここの項目では、コメントが投稿された時に、どのような条件で一般公開されるかどうかを設定します。

スパムコメント対策管理人の承認を常に必要としてはより安全ですが、コメントが多い場合の承認が手間になってしまうバイがあります。

「すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする」にすると、一度承認した投稿者のみ直ぐに投稿が反映されるようになります。

よくサイトを訪問してくれ、コメントをよくくれる常連さんの為ににしてコメント投稿者ごとに承認を区別する設定にしておくと、喜ばれるかもしれません。

活性度具合に応じて変更してもよいでしょうし、あなたの運営スタイルに合わせればよいと思います。

 

アバター

ここの項目では、でコメント投稿者の表示アバターを設定できます。

初期状態では、ミステリーマンとなっているので、好みで変更します。
「Gravatar ロゴ」を選択した場合には、Gravatarに登録している場合のみ登録アバターが表示されます。

必要に応じて作るのも面白いかもしれません^^

 

以上がスパム対策にもつながるブログのコメント欄の最適な設定方法となります。