ブログサイト等を引っ越した際、Googleに変更の届け出を出しておかないとコピーサイトと認識されてしまう事があるようです。

そうなしまうと、検索結果が落とされたり、圏外へと飛ばされてしまいSEO上良くありません。

今回は、そうならない様にURL変更時の届け出の方法について解説します。

Google側でも解説ページを用意してくれているのですが・・・ちょっと分かりにくい(^^;

アドレス変更ツールの使用

 


URL変更までの大まかな流れ

①301 リダイレクト ディレクティブを設定

要は旧サイトにアクセスがあった際に新サイトへの自動転送の設定を行うという事です。

 

Search Consoleにサイトを登録して、所有権を証明する。

当たり前ですが、該当する所有者からでないと、URL変更は受け付けてもらえないので
その証明を行います。

 

③Search Consoleにて、URL変更の届け出の作業を行う。

 

以上となります。

では、詳しく解説してゆきますね。

 

URL変更届① 旧サイトからの転送設定を行おう

まずは、旧サイト(A)にアクセスがあった際、新サイト(B)に自動的に転送されるように設定しましょう。

 

設定方法は大きく分けて3つあります。

ワードプレスの場合は、1か2をお勧めします。

 

転送方法1 .htaccessファイルを使って自動転送(リダイレクト)する

実は一番楽だと、僕は思います。

FTPソフトで、(A)サイトのインストールされている階層を開きます。

 

ワードプレスの場合は【public_html】フォルダにあたります。

その階層内に、【.htaccess】と言うファイルがあるので、一度DLして下さい。

search-console_urlchange01

 

このファイルは通常のメモパッドなどでは読み込めない為、
下記のTeraPadをダウンロード、インストールを行ってください。

TeraPadをダウンロードしに行く

 

開いたページの一番最後の行手前に、下図の様に記載してください。

search-console_urlchange02

Redirect permanent / 新サイト(B)のURL

です。

例えば、このブログに転送させる場合は

Redirect permanent / https://infinityakira-wp.com/

と記載すればOKです。

 

上書き保存をして、再度同じ場所にアップロード、上書きを行えば
自動的に(B)サイトに転送されるようになります。

転送方法2 Redirectionプラグインを使用する

FTP操作が不安な方は、この方法が最も安全です。

プラグインのインストール方法は、こちらで解説しています。

 

機能拡張!wordpress プラグインのインストール方法

 

Redirectionプラグインがインストール・有効化が出来ましたら、
【ダッシュボード】⇒【ツール】⇒【Redirection】で転送設定画面を開きます。

 

下図の様に操作しすれば、転送設定は完了します。

search-console_urlchange03

転送方法3 HTMLデータに追記する

ワードプレスではない場合は、この方法がもっとも簡単です。

 

トップページのHTMLデータ内の
<head>~</head>の内側に、以下のようなmeta要素(タグ)を追記してください。

 

<meta http-equiv="refresh" content="秒; URL=新サイト(B)のURL">

秒は、サイト(A)にアクセスしてから、サイト(B)に転送されるまでの時間です。

例えば、即転送するなら、0秒という事になります。

URL変更届② Search Consoleにまずは登録しよう

次に、新・旧サイト両方をSearch Console(旧ウェブマスターツール)に登録を行います。

登録を行えば、新サイト・旧サイト共にあなたが所有者という事が証明され
変更届を出せるようになります。

 

登録方法はこちらで解説しています。

 

Search Console(旧ウェブマスターツール)に登録する方法

URL変更届③ Search Consoleで変更の届け出を行おう

最後に、専用のページよりURL変更の届け出を行いましょう。

 

Search Consoleで、旧サイトの管理画面を開きます。

search-console_urlchange04

*旧サイトをクリックすればOKです。

 

管理画面右上の、歯車マークをクリックし【アドレス変更】をクリックします。

search-console_urlchange05

 

次のような画面が表示されますので、1で②で登録を行った新サイト(B)を選択し

後は、【確認】をクリックしてゆけば、OKです。

 

手続きが完了するまでは、新サイト(B)のアドレス変更画面では、下図の様な表示が出ます。

search-console_urlchange07

後は、Google側で処理されますので、待ちましょう!

検索エンジンからのアクセスはサイトの死活問題になりますのでURLの変更があった際は、もれずに申請しましょうね!