キーワード選定もバッチリ!と、自信満々で投稿した記事が検索結果に表示されない。そんなことはありませんか?

「あれ?自分の記事がどれだけ検索しても見つからない」

ここでは、あなたの記事が狙ったキーワードで何位なのか、そして実際には何で検索されているのかを知る方法を解説します。

ranking019

是非ブックマークを付けて、活用して頂ければと思います!


自分の記事は、狙ったキーワードで検索エンジン上何位か?調べる方法

「先輩!今度は記事が検索エンジン上で見つからない事件が!」

「な~にぃ?!」

ranking020

 

  • キーワードのリサーチもして、気合を入れて書いた記事が何位かわからない
  • キーワードで検索しても検索結果に表示されない

 

こういった経験ありませんか?

実は簡単に調べる方法があるんです。

それがこちら、検索エンジン一括順位チェックツール ランキングチェッカーです。

 

ランキングチェッカーの使い方

では、早速チェックしてみましょう。

ranking01

まずは調査するURLに、調べたい記事のURL(アドレスを)を入力しましょう。
手入力は疲れるので、コピー&ペーストで!

次に、キーワードにキーワードを入力しましょう。
ここで注意したいのが、複合キーワードで狙った場合は同じボックス内に「キーワード (スペース) キーワード」と、実際の検索と同じように入力してください。

試しに僕の記事でやってみましょう。

調べるのはこの記事。【最新版】ブログやSNS用の無料アバター作成サイトまとめと言う記事。

アバター と 無料 と言うキーワード検索からのアクセスを狙っている記事なので、以下の様に入力します。

ranking02

準備ができたら、調査開始をクリック。

そうするとキーワードの順位の部分がぐるぐると回り始めます。
少し時間がかかるので待ちましょう。

ranking03

 

そして、無事に結果がでました!

ranking04

結果は2位!では、実際に調べてみましょうか。

調べるときは、GoogleChromeの場合、シークレットモードに切り替えて検索しましょう。

ranking05

実際に2位表示されていたので、間違いなさそうですね。

因みに、100位以内にない場合は圏外表示されてしまいます。

 

検索圏外なら仕方ないですが、果たして本当にそうなのでしょうか。

 

ここでは、検索圏外以外の路線で洗い出しを行ってみたいと思います。

 

「では、どこへ消えてしまったのでしょうか?」

ranking021

 

検索圏外以外の理由はいくつか考えられますが、その中の1つにGoogleにインデックスされていない可能性が考えられます。

要はGoogleに記事が登録されていないので、検索されようがない状態にあるという事です。

では、どのようにしてインデックスされているのかを調べ、更にインデックスさせることが出来るのか、次で解説します。

 

その記事、Googleにインデックスされていないかも?最も簡単な調べ方と対策方法!

お使いのブラウザ(GoogleChromeや等)でGoogleを開き、以下の様に検索すると、対象の記事がインデックスされているのかを調べることが出来ます。

site:http://を抜いたあなたの調べたい記事のURL

例えば、先ほどの僕の記事 https://infinityakira-wp.com/wp-blog-website/howtoblog/avatar/ で調べたい場合は以下の通り。

site:infinityakira-wp.com/wp-blog-website/howtoblog/avatar/

となります。

 

Googleにインデックスされているとこの様に表示されます。

ranking06

この方法は、こちらの記事に書いた方法をちょっとアレンジしたものです。
Googleにインデックスされているか確認する最も簡単な方法

 

「あれ?表示されないんだけど・・・。」

と言う場合は

 

この2つで解消することが出来ます。

 

検索エンジンでのランキングの調べ方も分かった。Googleへのインデックス方法、させる方法が分かった。

そうなると次は、自分の記事がどんなキーワードからのアクセスがあるのか知りたいですよね?

 

「よし、これで無事にインデックスも確認できた。う~ん、一体どんなキーワードで検索されているっていうんだ?」

S001_megane0220140830145944

「実は私、その調べ方・・・極秘情報を別部署の友達から聞いちゃったんです・・・。」

 

「な、何だって!?」(どんっ!)

ranking023

 

自分の記事が一体どんなキーワードで検索されているのかを調べる情報がありました。

では、具体的にどのようにして調べるのかを次に説明します。

 

自分の記事がどんなキーワードからアクセスされているのかを調べる方法

ここでは、自分の記事が一体どんなキーワードで検索されているのか調べる2つの方法を解説します。

 

ranking024

 

Googleアナリティクスを使った調べ方

まずは、Googleアナリティクスにログインしてください。
(複数のサイトが登録されている場合は、検索対象記事が掲載されているブログを開いてください)

因みに、まだGoogleアナリティクスに登録されていない場合は、この記事を参考に登録を済ませて下さいね。
Googleアナリティクスに登録する

 

次に、左メニューより【行動】⇒【サイトコンテンツ】⇒【全てのページ】をクリックします。

ranking07

 

表示されたページに下図の様に、検索ボックスがあります。

ここに、あなたの調べたい記事のドメインより後のURLを入力してください。

 

例えば、
僕記事で https://infinityakira-wp.com/wp-blog-website/howtoblog/avatar/
の場合は、
/wp-blog-website/howtoblog/avatar/
と入力します。

尚、他人の記事など、あなたのGoogleアナリティクスアカウントに登録されたブログ内の記事のURLじゃないと検索できません

 

ranking09

 

検索結果画面に、同じURLが表示されますので、クリックして下さい。

ranking010

 

表示された画面の【プライマリ ディメンション】という所にある【その他】⇒【集客】⇒【キーワード】の順でクリックして下さい。

ranking011

 

そうすると、この様な検索結果画面が表示されます。

ranking012

(not provided) 、(not set)は簡単に言うと、Googleアナリティクスではよく分かりませんでした。と言う意味。
おい!アナリティクス(解析)してないじゃん!って突っ込みたいですが(笑)
こういった事はままあるようです。

それでも、これだけ分かればかなり読者が何をしたくて検索したのかがイメージできますよね。

 

因みに僕はこの検索結果を見て、思たより女性のアクセス率がこの記事は高そうだとイメージしました。

 

GoogleSeaechConsoleを使った調べ方

まずは、GoogleSearchConsoleにログインしてください。
(複数のサイトが登録されている場合は、検索対象記事が掲載されているブログを開いてください)

因みに、まだGoogleSearchConsoleに登録されていない場合は、この記事を参考に登録を済ませて下さいね。
GoogleSearchConsoleに登録・サイトマップを送信する

次に、ダッシュボードより【検索アナリティクス】をクリックして下さい。

ranking013

 

表示されたページで、下図の様に【クエリ】にチェックを入れ、【ページなし】の▼をクリックし、【ページをフィルタ…】をクリックして下さい。

ranking014

 

そうすると、このようにアドレスを入力する画面が表示されます。

ここに、あなたの調べたい記事のドメインより後のURLを入力してください。

ranking015

例えば、
僕記事で https://infinityakira-wp.com/wp-blog-website/howtoblog/avatar/
の場合は、
/wp-blog-website/howtoblog/avatar/
と入力します。

尚、他人の記事など、あなたのGoogleアナリティクスアカウントに登録されたブログ内の記事のURLじゃないと検索できません

 

そうすると、ズラリと結果が・・・。凄い。

ranking016

 

クエリは、検索で開かれたキーワード。クリック数は、その結果どれだけクリックされたか。と言う事です。

一番右の >> をクリックすると、指定した期間でどれだけクリックされたのかもわかります。

 

また、検索アナリティクスの結果画面の以下の部分にチェックをすると、更に詳しく調べることが出来ます。

必定な情報量に応じてみてみると良いでしょう。

ranking017

 

なんと、指定期間内の検索順位から、クリック率までが丸わかり!

これで、反応率の高いキーワードがどれだったのか、どういう調べ方が多いのかと言ったことが分かりますね!

ranking018

 

検索圏外だった場合、ここで具体的なあなたの記事に対する検索キーワードとその順位が確認できるわけです!

これは、定期的に見る価値ありですよね!!

 

こうして、事件は無事解決しました。

Ptengine022

 

まとめ 記事は書けば終わりではない!こまめにリサーチする癖をつけよう

以上が、あなたの記事が狙ったキーワードで何位なのか調べ、更に実際には何で検索されているのか調べる方法です。

記事は書いたら終わりではありません。

「あなたに読んでほしい!」「あなたの力になりたい!」と思う読者がいるなら、こういったリサーチする癖をつけたいですね。

 

また、ここではお話していませんが、検索結果にはドメインの強さなど様々な要素が絡んできます。
最初にもお話したように、書けは検索結果に表示されるわけではありません。

じっくりとブログを育ててゆきましょう!

 

あなたの記事が、沢山の読者に届きますように!

 

余談ですが、検索ツールで他にもこういった無料のものもあります。
内容は全く同じなので好きな方を使えばいいと思います。