こんにちは!Web集客コンサルタントの佐藤旭です。

今回は、iPhoneユーザーからからの検索アクセスを狙えるBingについて解説します。

Bingはマイクロソフトが提供する日本ではマイナーな検索エンジンです。

bing012

 

検索エンジンと言えば、Yahoo!かGoogleがまず最初に頭に浮かぶのではないかと思います。

Bing自体、国内利用率は5%程度だそうです。(GoogleとYahoo!で95%近いという!)

しかし、実はこのBingはスマホユーザーからの集客・読者さん集めをしたいと考えているブログやWebサイトオーナにとって無視できないんです。

 

何故なら、iPhoneのSpotlight検索がBingを採用しているからなんです。

Bingはスマホユーザーを視野に入れたときに絶対に無視できない存在!

これは、先日『『ブログ愛をあなたにも』JUNICHI×落合正和ブログ運営ディスカッションセミナー』で落合氏から伺った話で、僕も実際に調べてみて驚愕しました。

bing03

もろBing検索って出ている!

 

そういえば、某音声で「Googleで検索圏外なのに、何故か突然商品が売れ始めたから調べたらiPhone(Spotlight検索)からだった。」と言う話を聞き、どういう事なんだろう?と思っていましたが、謎が解けました!

 

解説ページ等、情報が少ないですが、GoogleやYahoo!とはまた少し違ったシステムを採用しているようです。

因みに、日本ではマイナーですが、海外ではメジャーなんだそうです。海外からのアクセスを狙うなら、Bing対策はする価値がかなりありそうですね!

 

日本では、iPhoneのシェア率がアインドロイドを超えて6割と言うデータがあります。

しかも、今スマホからのネット利用率は増える一方です。

iPhoneのSpotlight検索は、ネットになれたユーザーはあまり使わない機能かも知れませんが、欲しい読者層にリーチする可能性も考えると対策をとっておいて損はないと思います。(無料ですし)

 

 

WordPressブログをお持ちであれば、「XML Sitemap」でGoogleにサイトマップ送信をしている方が多いと思います。

実は、このプラグインでBingに更新通知を送ってくれているんですが、全然インデックスされないっぽいんですよ。

bing02

僕は調べたところインデックスがありませんでした(涙)

 

 

ではどうすれば、Bingにインデックスされるのか。

答えは簡単でBingにインデックスされる為には、ウェブマスターツールに登録すると一気に増えます!

これは、僕のBingウェブマスターツールの画面です。

登録してから3週間ほどたちますが、366もインデックスされました。

GoogleSearchConsole(旧Googleウェブマスターツール)と同じく、無料で使えますので、やり方を解説しますね!

bing01

スポンサーリンク

 

Bingウェブマスターツールの登録方法

まずは、Bingウェブマスターツールのサイトにアクセスします。

http://www.bing.com/toolbox/webmaster

ここでまずはアカウントを作成してログインを行ってください。

 

ログイン後、このような画面が表示されますので、Bingウェブマスターツールに登録したいあなたのブログのURLを入力し『追加』ボタンをクリックしてください。

bing04

次に、このような画面が表示されます。

個人情報を含め、順番に入力してゆきましょう。

bing05

サイトマップの追加について。
サイトマップは、WordPressブログの場合、GoogleSearchConsoleに登録したものと同じサイトマップを送信することが出来ます。
『Google XML Sitemaps』をお使いの場合は、ダッシュボードの『設定』⇒『XML-Sitemaps』からこのように確認することが出来ます。

bing010

『Google XML Sitemaps』の使い方に関しては、『WordPressプラグインGoogle XML Sitemapsを使ってサイトマップを送信する方法』で詳しく解説しています。

入力が終わったら、『保存』をクリックしてください。

 

次に、ブログサイトの所有権確認をする画面が表示されます。

WordPressブログの場合、オプション1を僕は個人的にお勧めします。
何故なら、使っているテーマの更新が入るとデータが消えてしまうからです。
(子テーマなどをうまく使われている方は他でもいいと思います)

bing06

 

オプション1で進める場合は、まず指定の『BingSiteAuth.xml』ファイルをダウンロードします。

そして、そのファイルをWordPressブログがインストールされているディレクトリにアップロードしてください。

エックスサーバーをお使いで、サブドメインでなければ『ドメイン名/public_html』がアップロード先となります。

bing07

 

アップロードが完了したら、『ドメイン/BingSiteAuth.xml』にアクセスします。

正常にアップロードが出来ていれば、このように表示されます。

bing08

 

後は、インデックスされるのを待つわけですが、Bingウェブマスターツールは情報が早くても3日前のものまでしか表示されません。

僕は登録してから最初1週間は全然反映されなかったの放置していました。

bing09

しばらくすると、このようにデータが反映され始めます!

bing011

 

検索上位表示させるための具体的な手法に関してはまだ検証していますので、分かったらまた記事にまとめたいと思います!

 

Bing対策とiPhoneへの影響に関しては『異常なまでにiPhone好きな日本人だからBing対策を考えよう! ~Siriの検索もBingだよ~』でも詳しく書かれていますので、是非併せてお読みください!