今回は、アフィリエイト等で役立てるプラグインのご紹介です。

 

 

投稿をしたあとに、

後から「過去記事や一定の文言に対してリンクはったりしたいな。」

と思ったことはないでしょうか?

 

 

例えば、後からアフィリエイト用にリンクをつけたいと思ったとき

どの記事に書いたのかを忘れてしまった・・・

複数の記事に書いたものなので、いちいちリンク化するのが面倒くさい・・・

と思ったときに【WP Keyword Link】というプラグインが役立ちます。

 

 

これを導入しておけば、記事ごとに編集をせずに

一気にリンク化をすることが出来ますので

必要に応じて導入してみると良いでしょう^^

 

 

スポンサーリンク

【導入方法】早速インストールをしましょう

WP Keyword Linkプラグインをインストールにするには

【ダッシュボード】⇒【プラグイン】⇒新規追加で表示される画面の検索ボックスで【WP Keyword Link】と検索すると出てきます。

尚、プラグインのインストール方法についてはこちらで解説しています。

機能拡張!簡単なプラグインのインストール方法

 

【WP Keyword Link】プラグインが表示されたら、【いますぐインストール】と書かれた箇所をクリックしてインストールして下さい。

これだけで、インストールが完了します。

***

尚、ダウンロードしてインストールをする場合は、下記のアドレスからダウンロードできます。

https://wordpress.org/plugins/rejected-wp-keyword-link-rejected/

WP Keyword Link01

この場合も有効化を忘れずに行って下さい。

利用するための準備はこれで完了です。

 

【使い方】まずはこれが分かればOK!

インストールが完了したら、【ダッシュボード】⇒【設定】⇒【WP Keyword Link】から設定が行えます。

設定画面はこんな感じです。

WP Keyword Link02

各項目の説明です。

必ず必要なのは下記3つ

Keyword⇒リンクをつける言葉

Link⇒リンクさせたいアドレス

Discription ⇒リンクにマウスを載せると表示させるタイトル分(説明文)

 

Discriptionボックスの下のその他オプションは必要に応じて。

チェックすると、その項目が有効化されます。

No Follow⇒検索エンジン(クローラー)が「リンク先ページ」へ遷移することができなくする

First Match Only⇒最初のキーワードのみにする

New Window⇒新しいウィンドウを立ち上げて表示させる

Ignore case⇒大文字、小文字を区別しない

Is Affiliate⇒アフィリエイト用リンク

Filter in comments?⇒コメント分にもリンクする

For zh_CN?⇒日本語のキーワードにも対応させる。

日本語にリンクをつけたい場合は必ずチェックを入れてましょう!

 

最後にWP Keyword Link03をクリックすれば、指定したようにリンク化されます。

いちいち「どの記事にリンク化したい文言があったか・・・」

と、探す必要はこれでありませんね!!

 

まとめ

アフィリエイト様にリンクをつけたり

固有名詞に対してリンクをつけたりする際に重宝しそうですね。

 

ただ、文面にやたらリンクがあると誤クリックに繋がり

ユーザービリティは良くないので

リンクを文面につけるのは程ほどにした方がが良さそうです。

 

manual