ここでは、Google Search Console(旧ウェブマスターツール)登録、サイトマップ送信の方法について解説します。

Search Console(旧ウェブマスターツール)とは、Googleが無料で提供するWEBサイト管理者用ツールのことです。

 

ツールに登録しておくことにより、Googleよりサイト運営に対するメッセージが届いたり、

どのようなキーワードでサイトが検索より重要視されているかが表示されていたり、

グーグル検索エンジンからみたサイトの状態を確認することもでき

アクセスアップをするうえで重要なSEO上も様々な活用方法がありますので、是非登録しておきましょう。

 

では、早速登録手順について解説してゆきます。

スポンサーリンク

Googleアカウントを作成

Gmailを作成すると、Googleアカウントが同時作成されます。

未取得の場合は、1つアカウントを取得してください。

GmailとGoogleアカウントを簡単に取得する方法+iPhoneで設定する方法

 

Search Console(旧ウェブマスターツール)のアカウントを作成

まずは、Search Console(旧ウェブマスターツール)にアクセスします。

Googleウェブマスターツール作成ページへ

ログインすると、下記画面が表示されます。

setting_googlewebmaster01

WEBサイトをウェブマスターツールに登録します。

 

ページ下部にある、枠内に追加するあなたのブログサイトのURLサイト入力し、サイトを追加ボタンをクリックします。
setting_googlewebmaster03

クリックすると以下のような画面になります。

setting_googlewebmaster02
いくつか登録方法がありますが、推奨設定とされている、HTML ファイルをサイトにアップロードでの設定方法を解説してゆきます。

*表示される画面のまま進めてゆきます。

 

①HTML確認ファイルをウェブマスターツール画面よりダウンロード

下記画面参照の上、HTML確認ファイルをダウンロードします。

setting_googlewebmaster06

 

②HTML確認ファイルをアップロードする

FTPソフトを使い、ウェブマスターツールを使いたいWEBサイトの

http://あなたのドメイン名/public_html/

の階層にアップロードします。

FTPソフトの簡単な設定方法

setting_googlewebmaster07

③アップロードされているかの確認をする

アップロードが終わったら、下記画面参照の上、ウェブマスターツールサイトの3をクリック。

setting_googlewebmaster10

クリックすると、下記のような画面が表示されます。

setting_googlewebmaster04

*割り振られた文字列が表示されるだけの地味なページで、特に意味はありません。

表示の確認が出来たら、確認ボタンをクリックします。

完了すると、下記画面が表示されます。ファイルをアップロードしたら、登録完了したことを確認します。
setting_googlewebmaster08
続行をクリックすると、以下のような基本管理画面となり、登録が完了となります。
setting_googlewebmaster05

 

Googleウェブマスターツールにサイトマップを送信する方法

続いて、ウェブマスターツールでサイトマップ送信します。

サイトマップ作成には、プラグインGoogle XML Sitemapsを使用します。

*Googleはクローラーと言う、定期的にWebサイトを巡回してGoogleページに情報を表示させるためのシステムが存在します。

そのシステムに的確にGoogle掲載をしてもらい、より多くの人にアクセスしてもらうようにしましょう。

Google XML Sitemapsの簡単な設定方法

ウェブマスターツールのサイトマップがありませんをクリックします。

setting_googlewebmaster11

表示された画面右側にある、サイトマップの追加/テストをクリックします。

setting_googlewebmaster12

sitemap.xmlと入力して、サイトマップを送信ボタンをクリックします。

setting_googlewebmaster13

以下のようにな画面が表示されれば、無事にサイトマップが送信できてれば完了した証拠です。

setting_googlewebmaster09

以上がGoogleウェブマスターツール登録、サイトマップ送信の方法となります。