「WordPressで特定の文字やURLを一括変換や削除をしたい!でも、多すぎて面倒臭い!」

こんな経験はありませんか?

挫折

記事が増えれば増えるほど、こういった作業は物凄く手間で時間がかかってしまいます。

 

そんな時に、今回紹介するプラグイン【Search Regex】をご活用ください!

簡単に一括で置換(置き換え)も削除もしてくれます!

めちゃくちゃ便利なので、覚えておいて損はないですよ!

スポンサーリンク

【Search Regexの導入方法】検索しインストールをしましょう

Search Regexプラグインをインストールにするには【ダッシュボード】⇒【プラグイン】⇒新規追加で表示される画面の検索ボックスで【Search Regex】と検索すると出てきます。

 

尚、プラグインのインストール方法についてはこちらで解説しています。

機能拡張!簡単なプラグインのインストール方法

 

【Search Regex】プラグインが表示されたら、【いますぐインストール】と書かれた箇所をクリックしてインストールして下さい。

これだけで、インストールが完了します。

 

 

尚、ダウンロードしてインストールをする場合は、下記のアドレスからダウンロードできます。

https://wordpress.org/plugins/search-regex/

Search Regex01

 

この場合も有効化を忘れずに行って下さい。

利用するための準備はこれで完了です。

Search Regexの使い方】何を何に置換するか指定するだけ!

インストールが完了したら、【ダッシュボード】⇒【ツール】⇒【Search Regex】から設定が行えます。

Search Regex02

 

設定画面は以下の様になっています。

Search Regex03

各項目の意味

Source⇒どこを対象にするか

  • Comment author: コメント欄の著者
  • Comment author email: コメント欄のEメール
  • Comment author URL: コメント欄のURL
  • Comment content: コメント欄
  • Post content: 記事
  • Post excerpt: 抜粋
  • Post meta value: カスタムフィールド
  • Post title: 記事タイトル
  • Post URL: 記事URL

Limit to⇒対象をいくつに絞るか

特に制限をかけなくてもよいので、【No limit】で問題ないともいます。

Order By⇒並び替え

制限を設けないのであれば、あまり関係ないと思います。

Search pattern⇒置換対象ワードやURLをここに入力

Replace pattern⇒置換したい対象ワードやURLをここに入力

Regex⇒文字校正

Search⇒検索

Replace⇒置換ボタン。個別で行う時に使います。

Replace & Save⇒一括置換と保存ボタン。クリックすると、戻せませんので必要に応じてバックアップを取ってください。

Replace & Saveを押すと、確認画面なしで一発で実行されてしまうのでご注意してください。

特定の文字やURLを削除をしたい場合

特定の文字やURLを削除をしたい場合は、Replace patternを空白のままReplace & Saveをクリックして下さい。

search-regexdel

 

一つずつ置換・削除したい場合

置換するかとうかを1つずつ選んで決める場合は、【Replace】ボタンをクリックしてください。

すると、下図の様なページになりますので、置換したいところで【replace】をクリックします。

Search Regex04

 

【まとめ】

このプラグインを使う事によって、一括もしくは個別で指定したワードやURLを簡単に置換・削除してくれます。

 

商品名が変わったり、紹介していたWebのURLが変わった時など、記事やページを探さなくてよいのも大きなメリットですね!

 

また、1つ1つやるとミスしていても気が付かない事もありますが、これなら、正しい情報を1回入力するだけなのでミスもおこらないのも安心なので、お勧めいたします♪