まずはSEO対策として、クローラーの巡回を知っておく必要があります。

 

 

通常、Googleのクローラーと呼ばれる巡回プログラムがWebサイトの記事

又はXMLサイトマップを定期的に巡回して更新情報を取得します。

しかし、それだと、Googleのクローラーが巡回しに来るまでの間、あなたのWebサイトの新しい記事は、

検索エンジンにインデックスされません。

 

 

インデックスされないと、検索結果で表示されないということですね。

 

 

今回は、簡単にGoogleにインデックスされる為に使えるプラグインについてです。

 

SEO対策として、Googleへしっかりとインデックスされることはとても大切な事です。

アクセスアップの為には死活問題でもある、SEO対策に使える便利なプラグイン【PubSubHubbub】

がありましたのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

PubSubHubbubってなに?

PubSubHubbubは、ハブサブハブバブと読みます。

あまり口に出して発音したくない名前ですね(笑)

略して、PuSH(プッシュ)とも呼ばれます。

簡単に説明すると、Webサイトの更新情報を検索エンジンに対して、随時通知するプラグインです。

 

実際の効果として、PubSubHubbubを利用することにより、

あなたが新しい記事を投稿したら、ほぼリアルタイム(数分以内)に検索エンジンにインデックスされるようにしてくれる

という訳です。

 

 

 

とても簡単!まずはインストールしよう

PubSubHubbubプラグインをインストールにするには

【ダッシュボード】⇒【プラグイン】⇒新規追加で表示される画面の検索ボックスで【PubSubHubbubと検索すると出てきます。

 

尚、プラグインのインストール方法についてはこちらで解説しています。

機能拡張!簡単なプラグインのインストール方法

 

【PubSubHubbub】プラグインが表示されたら、【いますぐインストール】と書かれた箇所をクリックしてインストールして下さい。

これだけで、インストールが完了します。

***

尚、ダウンロードしてインストールをする場合は、下記のアドレスからダウンロードできます。

https://wordpress.org/plugins/pubsubhubbub/

PubSubHubbub01

 

この場合も有効化を忘れずに行って下さい。

利用するための準備はこれで完了です。

 

インストールされれば設定不要!

このプラグインは、インストールして有効化されれば特に設定は不要です。

初期状態からHubが2つ登録されているので、特に変更しなくても利用できます。

追加、編集を行う場合は管理画面で複数のHubのURLを登録・管理できます。

 

【ダッシュボード】⇒【設定】⇒【PubSubHubbub】から管理課画面を開くことが出来ます。

PubSubHubbub02

 

設定は、管理画面で追加したいHubのURLを追加・削除をしてPubSubHubbub_buttonをクリックすれば完了します。

PubSubHubbub03

まとめ

特に設定も行わずに、Googleにインデックスを簡単にできるプラグインなので

インストールしておいてまず損しないとおもます。

アクセスアップは一日にしてならず!

一つずつ対策を行っていきましょう^^

 

manual