この記事では、あなたのWordPressブログにサイトマップページを設置する為の最も簡単な方法について解説します。

PS Auto Sitemapというプラグインを使えばだれでも簡単にできますので、その方法を超わかりやすく解説します!

 

サイトマップ用にGoogle XML Sitemapsをインストールしたものの、ブログページにリンクを張り付け公開してみると・・・

PS Auto Sitemap09

 

あれ?

なんか、単にページ内の構成が表示されているだけになっている・・・

 

もしかして

PS Auto Sitemap10

こういった表示させたくてお困りではありませんか?

 

今から10分もあればできるので、早速作ってしいましょう!

今回ご紹介するのは【PS Auto Sitemap】というサイトマップページ

誰でも簡単に、しかもインストールからトータル5分程度で出来てしまう便利なプラグインでです。

スポンサーリンク

1分で終わる!インストールをしましょう

PS Auto Sitemapプラグインをインストールにするには

【ダッシュボード】⇒【プラグイン】⇒新規追加で表示される画面の検索ボックスで【PS Auto Sitemap】と検索すると出てきます。

 

尚、プラグインのインストール方法についてはこちらで解説しています。

機能拡張!簡単なプラグインのインストール方法

 

【PS Auto Sitemap】プラグインが表示されたら、【いますぐインストール】と書かれた箇所をクリックしてインストールして下さい。

これだけで、インストールが完了します。

***

尚、ダウンロードしてインストールをする場合は、下記のアドレスからダウンロードできます。

https://wordpress.org/plugins/ps-auto-sitemap/

PS Auto Sitemap01

 

この場合も有効化を忘れずに行って下さい。

利用するための準備はこれで完了です。

4ステップ5分で完成するサイトマップページを作成

プラグインのインストールが完了したら、早速サイトマップページを作成しましょう。

 

①【ダッシュボード】⇒【設定】⇒【PS Auto Sitemap】の順で、まずはページを開きます。

PS Auto Sitemap02

 

開いたページのの下に下図の様な【ご利用方法】と表記された項目があります。

PS Auto Sitemap03

その中の

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

の部分をまずはコピーします。

 

②次に、サイトマップ用に固定ページを新規作成します。

【ダッシュボード】⇒【固定ページ】⇒【新規追加】で新規作成が出来ます。

新規作成ページで、テキストモードにして、先ほどコピーしたコードをペーストします。

下図のまま真似てしまえば完成します。

PS Auto Sitemap04

③公開をクリックします。

公開をクリックすると、アドレスバーにURL(アドレス)が表示されますので

その中のpost=の後の数字をメモします。

(すぐに使うので、覚えられるのならメモしなくて大丈夫です。)

僕の場合は、19になっています。

PS Auto Sitemap05

 

④再び【ダッシュボード】⇒【設定】⇒【PS Auto Sitemap】の順で設定ページを開きます。

設定ページ内のサイトマップを表示する記事の項目に③でメモした番号を入力ます。

PS Auto Sitemap06

最後に同じページ下部にあるPS Auto Sitemap07をクリックして完成です。

 

デザインの変更方法

PS Auto Sitemapは、他のプラグインと違い、

設定画面上で簡単にデザインを変更することが出来ます。

【ダッシュボード】⇒【設定】⇒【PS Auto Sitemap】の順で設定ページを開きます。

ページ内のスタイルの変更から好みのデザインを選択して

最後に同じページ下部にあるPS Auto Sitemap07をクリックして完成です。

PS Auto Sitemap08

 

まとめ

デザインの変更も簡単にできるので
サイトマップページの作成は、PS Auto Sitemapで間違いないでしょう。

簡単にできるので、是非導入してください^^