突然ですが、あなた・・・もしかして・・・プラグイン入れすぎていませんか?

 

 

ワークショップを定期的に開催しているのですが

その際に、プラグインに関してのご質問を頂くことがかなり多いので

記事にする事にしました。

 

最初にひとこと言わせてください。

 

”お勧めプラグイン○○選”といったまとめ記事の情報、古いのが多すぎます。
今全部入れたらブログおかしなことになりますよ!

 


そもそもプラグインの役割とは

ワードプレス自体は、インストールしただけでは機能的にかなり不十分です。

 

それを補うのがテーマやプラグインです。

 

投稿時に元々なかった動画挿入機能を追加したり、

サイドバーを追尾させるようにサイトの挙動を変えたり、

SNS連動ボタンを追加したり

スマホ表示に対応させたり

 

スパム対策をしてくれたり

不正アクセスを防止してくれたり

様々な機能を追加させることがプラグインには出来ます。

 

ワードプレスとプラグインは切っても切れない関係なのですが 実は、入れればよという訳ではないんです。

 

これは、僕も過去にやってしまった経験と

ワークショップやサポートでの実例をもとにお話しして行きますね。

 

 

プラグインは入れればいいわけではない理由3つ

プラグイン、何を入れようと思ったときに、調べられると思いますが

でてくるのが、お勧めプラグインシリーズなんですが

よく見ると、情報が古いケースが多いんですよね。

 

あと、以下の3つの理由で、全部入れたら良いってわけではないんです。

 

①機能が競合してしまう

大抵の場合、複数のサイトを参考にプラグインをインストールされるケースが多いんですが

実は、似たプラグインをインストールしてしまっているって事が多いんです。

 

似た機能が同時に動くことはないので、お互い時邪魔をしあってしまい

エラーが発生してしまったり、どちらの機能も作動しないって事もしばしばあります。

 

01

「ここは僕が!」

「いいえ、私よ!」

 

なんて、プラグイン同士が喧嘩しちゃっていたら

機能は期待できないですよね。

 

②ページの表示速度が落ちてしまう

プラグインには、表示・レイアウト・挙動に関連するものが多くあります。

 

例えば、このサイトの様に、

サイドバーが追尾してくるとか

著者紹介項目を追加したり

関連記事表示をさせたり

人気記事を表示させたり

本来なかった機能をプラグインで追加させています。

 

しかし、この数が多ければ多いほど

読み込み時間に関係してしまう事があります。

 

そりゃそうですよね。

表示された瞬間にすべての機能を動かすわけですから

その分、表示時間がかかってしまう事は想像がつくとおもます。

 

 

また、表示時間が遅いと、読者さんの離脱率が上がってしまいます。

今はとにかくストレスフリーなサイトが好まれます。

インターネット環境も充実していますから、表示が遅いサイトは、開くまで待ってもらえないんです。

 

 

表示が遅いサイトは、ユーザービリティーの低いサイトとして

Googleからの評価も落ちてしまうので要注意です!

 

 

因みにサイトが重いと思ったら、これでチェックできるプラグインがあるので

必要に応じて使ってみるのもよいでしょう^^

 

⇒ブログが重い原因を簡単に調べる方法【wordpress プラグイン P3 (Plugin Performance Profiler)】

 

 

③テーマ本来の機能を妨害してしまう事がある

最近のテーマってすごく機能的で、予めプラグインに匹敵する機能を備えたものが多いんです。

例えば、関連記事表示、SEO対策、グローバルメニューのサイズ自動化等ありますが

機能が被った場合、当然いらないって事になります。

 

かぶるだけならまだよいですが、①の様に競合してしまい

機能しなくなってしまうケースもよくあります。

 

 

最近はテーマ自体がレスポンシブ対応のものも増えてきていますので、

擬似的にスマホ対応させるプラグインは本来のテーマを活かせなくなりますので

特に注意です。

 

テーマに併せてプラグインは選べばいい

結論から言ってしまうと、競合してしまうケースが多いのと、無駄に重くしてしまう原因になるので

最初は必要最低限で十分です。

 

あとは、お使いになるテーマに併せて足りない部分だけを補ってください

 

まとめサイトのお勧めプラグインは

機能が全く備わっていない、古い無料テーマをベースにしたケースが多いので

鵜呑みは危険だという事を覚えておいてくださいね。

 

また、お勧めだから入れたものの、全く使わないものを入れているケースもが多いです。

ただの無駄になってしまうので、これも注意しましょう。

 

まずはこれだけでOK! おすすめプラグイン7選

 

①Akismet(アキスメット)

スパム対策として、必須です。元々インストールされていますが必ず有効化してくださいね!

 

グッバイスパム!wordpress プラグインAkimsetでシャットアウト!

 

②PS Auto Sitemap

読者さん向けのサイトマップを生成してくれます。

建物で言うと、案内図ですね。

 

サイトマップページを5分で作る!【wordpress プラグイン PS Auto Sitemap】

 

③TinyMCE Advanced

投稿時に文字装飾など、編集を楽にしてくれます。

いちいちタグを打つ手間も省けるので、入れない人はいないと思います。

 

便利!投稿時に編集・装飾を楽にする【wordpress プラグイン TinyMCE Advanced】

 

④AddQuicktag

好きなタグを登録すると、投稿時に1クリックでそのタグを挿入できるという優れものです。

③のTinyMCE Advancedに併せて使うと便利です。

 

アドセンスやアフィリエイトコードを簡単に記事に貼り付ける方法

 

⑤Table of Contents Plus

目次を自動生成してくれるプラグイン。

目次が出来ると、ユーザービリティが向上し、記事が読まれやすくなります。

 

記事の目次を自動生成できる【wordpress プラグインTable of Contents Plus】

 

⑥Jetpack

万能プラグインです。

アクセス解析や、SNSとの投稿連携もまとめてできます。

 

万能プラグインを入れよう!【wordpress プラグイン Jetpack】

 

⑦All In One SEO Pack

SEO対策プラグインの鉄板プラグインです。

基本的にインストールでOK何ですけど、

テーマによっては競合してしまうので注意してください。

 

SEO対策を簡単に行う方法 【wordpress プラグイン All In One SEO Pack】

 

まとめ この7つを入れたら、次はテーマを選ぶべし!

まずは、ご紹介した7つだけ入れて設定を行ってください。

これだけ行えば、まず更新に困る事はないです。

 

次は、更なるプラグインを探しに・・・ではなく

あなたのブログにあったテーマを選んでインストールしましょう。

その上で、欲しい機能が出てくれば追加・・・で十分です^^

 

最短・最速で結果を出せるテーマ15選

 

manual