ブログを作ったら、読者さんからのメッセージを受けられるよう、

お問い合わせフォームを設置しましょう。

 

レンタルする方法もありますが、有料でないと機能が一部使えない等制限があるケースや

レンタル会社のサービス終了もありますので

シンプルに設置したほうが管理もしやすくお勧めしています。

(最終的には、あなた自身で決めてください)

 

お勧めするのは、Contact Form7というプラグインを使う方法です。

 

個別で管理でき、細かい設定もできますのでお勧めしています。

Jetpackプラグインで一元化することもできますが、使わなくなることも考えて

あえて別にしています。

 

目指すメッセージフォームの完成形はコレ!

 

cf05

 


Contact Form7をインストールしましょう

Contact Form7プラグインをインストールにするには

【ダッシュボード】⇒【プラグイン】⇒新規追加で表示される画面の検索ボックスで

【Contact Form7】と検索すると出てきます。

 

【Contact Form7】プラグインが表示されたら、

【いますぐインストール】と書かれた箇所をクリックしてインストールして下さい。

これだけで、インストールが完了します。

 

詳しいインストール方法はこちらで解説しています。

 

機能拡張!簡単なプラグインのインストール方法

 

早速設定を行いましょう

インストールが終わったら

【ダッシュボード】⇒【お問い合わせ】⇒【コンタクトフォーム】から管理画面へアクセスしましょう。

cf01

 

 

既存で1つ完成されたお問い合わせフォームがありますので、

まずはそれを編集して設置しましょう。

cf02

 

 

表示される編集画面に【フォーム】という下図の項目があります。

ここは、登録フォームをどのように表示されるか決める場所です。

まずはこのまま進めてみましょう。

cf03

 

【フォーム】の下に、【メール】という項目があります。

ここは、投稿フォーム経由で読者さんから投稿があった際に

どのメールアドレスに転送させて、その際にどのようなメッセージを表示させるのかを

決めることが出来ます。

 

 

主な変更箇所は【宛先】だけで大丈夫です。

もし、複数のメッセージフォームを設置する場合は【メッセージ本文】の文末の文言を

“○○のフォームからのお問い合わせ”と入力をすると分かりやすいでしょう。

 

cf04

 

完成したら、保存してフォームを設置しよう

編集が完了したら、画面右上の【保存】をクリックし、保存しましょう。

これで、作成したフォームは保存されました。

 

では、このフォームを早速設置してみましょう!

 

まず、②にあるように、コードをコピーしてください。

cf06

 

次に、新規の固定ページを作成しましょう。

cf07

 

新規固定ページの作成画面で、以下の様に入力してください。

cf08

 

 

最後に【公開】ボタンをクリックすると、完成となります。

 

完成したページは、グローバルメニューかサイドメニューに表示させると良いでしょう。

 

お問い合わせフォームの設置数に上限はありません。

お問い合わせ窓口が複数ある場合は、使い分けてみてください!

 

尚、投稿画面内でも問い合わせフォームは設置が可能なので用途に応じて使ってみるのもいいですね!