今回は、ブログのカラム数についてです。

 

ブログを運営する場合、「2カラム」にするか「3カラム」にするかを決めなければいけません。

それぞれのメリット&デメリットを解説します。

 

スポンサーリンク

カラムとは?

カラムというのは、ブログレイアウトの列数のことです。

基本的には以下の3種類になります。

calam

  • 2カラム(左メニュー) :左側にサイドメニュー、右側にコンテンツ
  • 2カラム(右メニュー) :右側にサイドメニュー、左側にコンテンツ
  • 3カラム        :右と左にサイドメニュー、中央にコンテンツ

ちなみにこのブログだと、2カラム(右メニュー)になりますね。

 

2カラムの特徴

2カラムの特徴は見栄えがよく「スッキリ」して見えることです。

デメリットは、情報量が多いサイトの場合、サイドメニューが長くなってしまうこと。

スクロールしていつまでもサイドメニューが続くのであれば、

「3カラム」にしたほうが情報を探しやすくなります。

 

人間の視線は左側に行きやすいので、注目させたいほうを左側に配置すると効果的です。

サイドメニューに注目を集めたいのであれば左側にサイドメニューを配置。

コンテンツをしっかり見てもらいたいのであれば右側にサイドメニューを配置しましょう。

ちなみに2カラムで多くみられるスタイルは、右側にサイドメニューを配置する形です。

 

コンテンツの内容が気に入ってもらえれば、

読者はブログのファン(常連客)になる可能性が高まります。

 

そのためコンテンツに注目を集めさせる2カラム(右メニュー)は、

ファン獲得に適した配置だと言えます。

 

3カラムの特徴

3カラムは情報量の多いサイトに有効です。

ページをあまりスクロールさせなくても、

読者に情報を見つけてもらう事ができます。

 

また、情報を詰め込むことができるため

広告が配置しやすいというメリットがあります。

デメリットは、2カラムに比べると見た目がゴチャゴチャしてしまうこと。

 

そのため、

文字の大きさやメニューの幅の長さなど

窮屈に感じさせない配慮が必要になります。

最初は2カラムで問題なし

最初の頃は「2カラム」で問題ありません。

 

情報量が少ない状態で「3カラム」にすると、

サイドメニューが短く寂しい感じになってしまいます。

 

カラム数はいつでも変更できるので、

ある程度ブログの情報量が増えてきたら

「2カラム」から「3カラム」へ変更すると良いでしょう。

 

結局どっちがオススメ!?

2カラムなら右メニュー、

情報量が多ければ「3カラム」といったところでしょうか。

好みの問題にもよりますが、

個人的にはスッキリ見える「2カラム(右メニュー)」が好きです。

 

情報量が増えても「2カラム」を続ける場合は、

不必要な情報をカットして、

メニューを無駄に長くさせないように心がけましょう。

 

manual