今やブログやWebサイトの数は誰も把握できないほどの数となりました。

 

しかし、継続的に読まれている・アクセスされているサイトと
殆ど人の目に触れないまま消えてしまうサイトの2つがあり
大半は、後者で管理者もモチベーションが下がって放置してしまうケースがとても多いです。

 

それはなぜか?
今回は、読まれるブログの書き方についてお話します。

スポンサーリンク

読まれるブログにする為にするべきこと

SEOといったアクセス対策ももちろん大切ですが、アクセスが集まっても
あることがブレてしまっているとその瞬間だけのアクセスで、すぐに廃れてしまうのです。

yomarenai

 

ランキングサイトでも一瞬TOPに躍り出ていたのに

1か月後にはランキング外・・・

そういうサイトをよくみかけませんか?

 

ブログを始めるにあたり、まずは決めておかなければならい事は、

テーマ

です。

 

漠然としたブログではターゲットが絞れませんからアクセスは集まりませんし、結果的に稼げません。

何の情報を発信してゆくブログなのか?

稼ぐ為、集客の為には、

『差別化』

『専門化』

この二つがとても重要になります。

 

何年も運営されていて、有名になった方の人気ブログには

総合力ではいきなり敵いませんが、

独自のコンセプトを掲げたり、特定の部分に特化することによって、

その分野に興味のある読者を集めやすくなります。

 

 

コンセプトがブレると、特定の読者は集まりません。

 

 

そして、ジャンルの選び方として、誰もやっていないものを探すのはお勧めしません。

 

確かに、すでにたくさんの情報が出回っていて
人気のジャンルにはライバルも多いですが、それだけ数があるというかとは
ニーズもその分あるという事にもなります。

 

誰もやっていないジャンルを開拓するのもありかもしれませんが、
誰もやっていない=需要がそこにあるのか? を事前に調べてから行ってください。
需要が全くないジャンルでやっても意味がありませんからね(^^;

 

自分自身の興味があるジャンルの方が継続して運営して行きやすいと思います。

テーマを絞った方が、専門性が高まり、熱心なファンを獲得しやすくなります。

 

また、ただの日記ブログはNGです。

専門性もありませんし、ジャンルの絞り込みもありませんし

そして、熱心な読者を集められにくいです。

 

つぶやく程度なら、SNSで十分です。

 

読者の興味があるのは

 

その記事の購読や商品を購入することによって得られる変化

 

なのです。

 

残念ながら、有名人でもない一個人に熱心な興味をもたれる方はほぼ皆無でしょう。

ブログは必ずテーマを絞った情報発信型のものを作ってください。

 

ただし、日記がNGと言う訳ではありません。
役に立つ情報発信をする中で、たまに日記を挟むのは、親近感を持ってもらえる効果がありますのでOKです。

 

情報発信をして行く上でのコツ

これはとても大切な事ですが・・・

 

例えば、あなたのサイトで何かの販売を最終的に行いたかったとします。

沢山の方に知ってもらい、買ってもらいたい気持ちがかなり強いと思いますが

 

販売色を前面に出さない方が良いです

 

サイトアクセス者は、初回でその商品を買う為にアクセスはしていません。

あなたの記事を読んで、結果その変化を得たいと思ったのであれば

商品を購入してもらえるキッカケが出来るという事を覚えておいてください。

たまたま探していた商品の検索をして、あなたのサイトがヒットした・・・なんてことは

あまり期待はしない方が良いでしょう。

 

書く記事を想定してテーマを決めるコツ

自分の興味のあるジャンルでブログを始めたとして
ただ漠然と記事を載せるだけでは、読者さんは魅力を感じてくれません。

下記のPointを抑えるようにしましょう。

 

【Point】

読者さんは人生においてどういう悩みを抱えていて、どう解決したいのか?

 

解決してほしい問題を解決する術を提案する。

悩みから掘り下げる

 

その問題が解決したら次に何をしたくなるのか?という視点で考える。

 

例)目が悪い⇒レーシック⇒目が良くなる⇒良い景色を見たい⇒旅行先提案

 

 

こうすると、読者さんはそのストーリーに沿って自身を当てはめてイメージすることが出来ます。

イメージが出来てこそ相手に伝わったといえますから
興味があるけど全くの素人に伝える気持ちで書いても良いでしょう。

ただ、どこまでの知識がある人を対象とするのかも
テーマの一つして盛り込む必要があるということですね。

 

何か販売したい場合はこれで、フロント商品とバックエンド商品が出来てしまう訳ですね^^

 

読まれる記事を書く為に、もっておきたい考え方

どんなに大手サイトであっても、最初はゼロから始まっています。

いきなり大きな結果を求めずに、下記の考え方を持って取り組むことをお勧めします。

 

  • 自分の常識は相手の非常識
  • この世界の常識は、他世界の非常識
  • 人は、プロほどの知識を求めていない。ちょっと詳しいくらいの人を求めている。
  • 自分と近い立場の人を求めている。
  • プロ過ぎると逆にとっつきにくくなる。
  • 多くの人は、「他に誰かがやっているから」と、情報発信を諦める。だからこそやった人が勝てる。

 

 

テーマを決める方法

テーマ決めにそれでも悩む場合は、以下の事を書き出してみて下さい。

意外なところにヒントは隠されています。

自分の常識は他人の非常識です。

「こんなの役に立たない!」

という事はまずは忘れて書き出してみましょう!

 

  • 趣味や特技を洗い出す
  • 人に喜ばれた経験を洗い出す
  • 自分が今まで経験した事を洗い出す

 

【Point】

これは誰にもニーズがない・すでに出回っていて誰も読まないのではないか?

という気持ちをいったん捨てて取り組むこと。

何事も切り口次第です。

年齢や地域でも更に絞ることができます。

 

それでも何をネタにしていい分からない場合は

趣味や経験がない場合は⇒欲しいものをテーマにしてみるのもありです。

例えば、財布、時計、旅行

 

とても大切なテーマ決め。

まずはじっくりとリストアップして考えてみましょう^^

 

まとめ

折角やるなら、しっかりと練って始めましょう^^

有限な時間を使いサイト運営を行う訳ですから

折角なら沢山の方に読むメリットを感じてもらいたいものです。