この記事では、Google Search Console(サーチコンソール)で、登録したWordPressサイトのサイトマップエラーとして警告が表示されてしまった時の解決方法(消し方)とその手順について解説します。

サイトマップはGoogleにあなたのブログなどのサイトの構造を通知し、インデックスをしてもらうために送信・登録を行います。
特にSEO対策と言う観点で検索エンジンから継続的なアクセスを集めたい方は、必須なのですが、まれに「警告」が表示されることがあります。

最近ですと、「サイト URL で「インデックス カバレッジ」の問題が新たに 件 検出されました」とメール通知が届きます。
この警告を要約すると「サイトマップに掲載されているURLが見つからないよ」と言う事を指します。

それって何か問題があるのかな?と思われるかもしれませんね。
これは「元々あったページが見つからない⇒検索ユーザーにとって不利益な事だ」とGoogleが判断してしまうことがある為、この警告が表示された際はいち早く解決させた方がいいのです。

では、どの様にして解決させればいいのかを順を追って解説してゆきます。

警告が出ている対象のURLとその原因を確認をしましょう

冒頭でもお伝えしたように、「サイトマップに掲載されているURLが存在しない事」が今回の警告の原因なのですが、そもそもなぜそのURLが存在しないのかを最初に確認をしておきましょう。

Googleサーチコンソールの「サイトマップ」をクリックし、警告をクリックすると以下の用に詳細の確認をする事が出来ます。

Googleサーチコンソールのサイトマップ警告画面

このような警告が出てしまう主な原因は

  1. URLが変わってしまった(ページそのものは存在するが、URLが異なる)
  2. URLそのものを削除してしまった(存在しない)

この2つです。

1の場合は、古いURL⇒新しいURLへと転送設定を行うようにしてください。
なぜなら、そのページが上位表示されている場合、アクセスが集まらなくなるからです。

2の場合は、ページそのものが存在しないので、そのページの存在しない最新のサイトマップ情報をGoogleサーチコンソールに送信しましょう。
手順はこの後に解説します。

注意!URLの削除は根本的な解決にならない

今回のサイトマップでの警告は、サイトマップに掲載されているURLが存在しない事が原因なので、「”URLの削除”をGoogleサーチコンソールから行えばいいのでは」と考えられる方もいるとおもいます。
しかし、URLの削除では根本的な問題解決になりません。

理由は、「URLの削除」はあくまで一時的にGoogleのインデックス(検索結果)から外すだけの処置の為、サイトマップそのものの情報と差異がある限りは再び警告が発せられてしまうからなんです。

ですので、URLが存在しないという警告がGoogleサーチコンソールに表示されてしまった場合は、この後に解説をする手順で解消をさせてください。

運営者 佐藤
実は5分程の作業で終わってしまうので、とっても簡単なんですよ!

Googleサーチコンソールでサイトマップの警告を消す手順・方法

まず、この警告は「Googleサーチコンソールに送信されているサイトマップを最新版と差し替える」事で表示が消えて解決します。
Googleサーチコンソールへ送信するサイトマップはXMLサイトマップと呼ばれるものです。

ここからはそのサイトマップを最新版に差し替える手順を解説してゆきます。

①Googleサーチコンソールからサイトマップを削除する

まずは、Googleサーチコンソールの管理画面にて、下図の様に『サイトマップ』をクリックしてください。

Googleサーチコンソールのダッシュボード画面

そうすると、下図のような画面が表示されます。
警告が発せられているサイトマップよこのチェックボックスをクリックし、チェックが入った状態にしてください。

そうすると、『削除』ボタンがクリックできるようになるので、クリックします。

Googleサーチコンソールでサイトマップを削除する

サイトマップの削除ができると、下図のような画面に切り替わります。

Googleサーチコンソールのサイトマップ削除後の画面

②プラグインを使い、最新のサイトマップも生成する

次に、サイトマップのエラーの原因となっているWordPressの管理画面へアクセスしてください。
Googleへのサイトマップ送信は『Google XML Sitemap』というプラグインを一般的には使っていますので、それを前提に解説します。

*⇒『Google XML Sitemap』の設定記事はこちらです。

管理画面(ダッシュボード)内、左側のメニューの『設定』から『XML Sitemap』を探し、クリックしてください。
下図のような画面が表示されるので、図に従ってクリックをしてください。
2つありますが、右側が全てのサイトマップとなるので、私はこちらで操作を行いました。

XML Sitemapでサイトマップを生成する

クリックをすると、新しい画面がポップアップし、暫くすると下図の様にサイトマップが再度生成されたことをお知らせしてくれます。
(ページの長さはブログの運営歴によって異なります)

xmlsitemapでの最新版更新画面

ここまで出来たら、サイトマップが最新版に切り替わりましたので、Googleサーチコンソールへ送信作業を行います。

③Googleサーチコンソールにサイトマップ送信を行う

再びGoogleサーチコンソールの画面に戻り、管理画面右上の方にある赤い『サイトマップの追加/テスト』をクリックしてください。
そうすると、ボタンのすぐ下に『サイトマップの追加/テスト』が表示されますので、あなたのWordPressサイトのXMLサイトマップのURLを入力してください。
*一般的にsitemap.xmlとなります。

最後に青い『送信』ボタンをクリックしてください。

Googleサーチコンソールでサイトマップを送信する方法

これで下図のような画面が表示され、サイトマップ送信は完了します。

Googleサーチコンソールサイトマップ送信後の画面

暫くの間は下図の様に警告が出たままですが、早ければ1時間もすれば自然となくなります。

Googleサーチコンソールのサイトマップ警告画面
運営者 佐藤
これは、Googleサーチコンソールの処理次第なので、一概にどれだけ経てばいいという明確な時間が決まっていません。
「次の日に確認したら解消していた。ラッキー」位の気持ちで待つといいですよ。

まとめ 定期的にサイトマップエラーがないか確認をしよう

以上がWordPressでGoogleサーチコンソールのサイトマップ警告を解決する方法・手順となります。

こうしたエラーが放置されたままですと、Googleからの評価が下がりSEOに影響を及ぼす可能性が出てくるだけではなく、あなたのブログを訪問するユーザーが「クリックしても目的のページが表示されない」と困ってしまう事を防ぐことができます。

ページの削除はもちろんですが、URLの設定は途中から変えないよう、極力『パーマリンク』の設定は最初にしておくと良いですよ。

パーマリンクの設定については『WordPressでSEOにも有効なパーマリンクに最適化させる方法』で詳しく解説していますので、是非併せてお読みください。