こんにちは!ブログ集客コンサルタントの佐藤旭です。

この記事では、Googleの検索結果を決める『モバイルファーストインデックス』とその仕組み、対策の取り方や注意点をまとめました。

Googleから『Mobile-first indexing enabled for XXX(あなたがGoogleサーチコンソールに登録しているサイトのURL)』と言うタイトルのメールが届き、「これは何?」と思われた方多いのではないかと思います。

Mobile-first indexing enabled for ブログURL のメールタイトル

この様なメールですね。
簡単に言うと「あなたの登録されたサイトはモバイルファーストインデックスが有効になりましたよ。」と言う通知なのですが、「だから何?」「そもそもモバイルファーストインデックスって何?」と思われたのではないでしょうか。

今インターネットユーザーの半数がモバイルユーザー(スマホからのアクセスがメインの方の事を指します)を超えた事から、検索システムが従来と変わってきています。
その中の一つがこの「モバイルファーストインデックス」なのですが、実は大きな勘違いをしている方が多いいらっしゃいます。

そこでこの記事では、

  • モバイルファーストインデックスとは一体何なのか?
  • モバイルファーストインデックス対策をする為のチェックポイント
  • モバイルフレンドリーのサイトでも、注意するべき3つの事

以上3つのポイントをお話しますので、あなたのサイトのアクセスアップにお役立てください。

運営者 佐藤
これからのSEO対策、引いてはアクセスアップや集客に影響してくることなので、しっかりと対策を行いましょう!

モバイルファーストインデックスとは?移行した理由

まず、そもそもモバイルファーストインデックスとは一体何なのかを解説します。

一言でまとめると『Googleの検索結果(順位)をモバイルからの検索のデータを元に決めてゆきますよ』と言う事です。

  • モバイルファーストとは、モバイル(スマートフォン)を優先する事。
  • インデックスとは、特定の語句やフレーズにおける検索結果に掲載される事。
    (ただし、インデックスされる≠検索上位なので勘違いしないでくださいね)

この様に言葉を分解してみると、より分かりやすいかもしれませんね。
このモバイルファーストインデックスは、2018年3月27日の発表を皮切りに順次適用されているとのことです。

参考記事:Googleウェブマスター向け公式ブログ「モバイル ファースト インデックスを開始します」(2018年3月27日)

とは言え、では具体的にどのように変わったのかよく分からないと思いますので、具体的な変化を次にお示しします。

検索順位を左右するインデックスのされ方の変化

モバイルファーストインデックスの最大の着目点はズバリ『インデックスのされ方の変化』です。
一言で言うなら、モバイルユーザーのニーズにより答えやすくする為の仕様変更だと思っていただければ、まず間違いありません。

従来のインデックス方式

従来のインデックスは、PCファーストと言われ、パソコンからのユーザー動向をベースに検索結果を決めいました。

モバイルファーストインデックス以前の検索結果の決め方

モバイルファーストインデックス適用後のインデックス方式

対してモバイルファーストインデックスは、モバイル(主にスマホ)からのユーザー動向をベースに検索結果を決めるように変わったのです。

モバイルファーストインデックス後の検索結果の決め方

スマホサイトとは、厳密にはスマホ対応サイトという解釈をした方がいいでしょう。

 

ここで多くの勘違いしてしまっているポイントが一つあります。
それは、モバイルファーストインデックスは、インデックスの仕組みが変わるものであり、PCとスマホの検索結果が別になるという仕様変更ではない。と言う事です。

運営者 佐藤
あくまで検索結果をPCからモバイルのデータを元に決めるようになったアップデートだという事なので、勘違いをしないようにしましょう。

 

これでモバイルファーストインデックスの仕組みがお分かりになったと思います。
では次に、なぜ検索結果の決め方が変わったのか、その背景も解説しますね。

こうしたアップデートで大事なのは、どう変わったのかと言う事と同時に、何故変わったのかと言う背景も知っておくことです。
なぜなら、背景まで知っておくことで、よりアップデートの本質をとらえたコンテンツ提供が出来るようになるからです。

Googleがスマホ重視のインデックスにした3つの理由

2015年にはスマホやタブレットからの検索が、パソコンを抜き多数派となった

まず1つ目の理由は、スマホ経由のGoogleの検索ユーザーの数が、過半数を超えたことが挙げられます。
分かりやすい話、検索ユーザーがより求めている情報に適したインデックスシステムに変更をしたという事ですね。

スマホでの検索シチュエーション・検索アクションの変化

2つ目は、検索のされ方の変化が挙げられます。

スマホのユーザー増加と共に、スマホそのものの性能も爆発的向上してきました。
それに伴い、検索も手軽になりました。

例えば、音声検索です。
CMでご覧になった方もいらっしゃると思いますが、「○○で○○が美味しいところ」「○○への行き方」等、スマホに内蔵されているGPS機能と連動させて、現在地からユーザーが発した語句やフレーズで最適的だと判断された情報が表示されるようになりました。

特には世界的なシェアで言うと、Googleの開発したAndroid OSが搭載されたスマホが過半数を超えていますので、より検索と言う行為が当たり前になり、そのやり方も多様化してきたという事が言える訳です。

スマホユーザーをメインにしたほうが検索ユーザーの満足度が向上する

3つ目は、スマホユーザーが過半数を超えているので、そっちをメインにした方が満足度が向上する見込みがある事が挙げられます。

先にもお話したように、今インターネットユーザーの過半数はスマホがメインです。
これは一概に100%ではないのですが、PCとスマホでのユーザーの検索意図は異なることがあります。

例えば、飲食店情報であれば、PCは「気になったからじっくりと下見や特定の情報を知りたいと」言うケースが多く、スマホは「これから行こうと考えているから場所を知りたい」という風に緊急度が高いケースが多く見受けられます。

運営者 佐藤
とは言え、ユーザークエリ(検索ユーザーが使う語句やフレーズでの事)によっては、モバイルではなくPCからの検索ユーザーを優先した方がいいケースもありますよね。
ですので、この辺りは振り分けを行ってゆくと思われますが、今後のGoogleのアップデート情報にも注意が必要そうです。

モバイルフレンドリーとの関連性は?

ここまででモバイルファーストインデックスが一体どういった背景から、どの様に変更をしたアップデートなのかがお分かりになったと思います。
ここで、1つ混合してしまいがちな『モバイルフレンドリー』との関連性を解説します。

参考記事:Googleウェブマスター向け公式ブログ「モバイル フレンドリー アップデートを開始します」(2015年4月21日)

改めてですが…このモバイルフレンドリーアップデートは、モバイルフレンドリーと言ってスマホからも閲覧しやすい作りになっているページの検索順位を上げるようにしますよ。
というものでした。

特徴は

  • 携帯端末での検索の掲載順位にのみ影響する
  • 世界中のすべての言語で検索結果に影響する
  • ウェブサイト全体ではなく、個々のページが対象となる

ただし、検索ユーザーの意図に沿ったコンテンツであれば、その限りではない場合もある。

ですので、このアップデートを実施した結果、モバイルファーストインデックスへと繋がったことが分かりますが、同一のものではないという事です。

尚、モバイルフレンドリーのテスト方法ですが、以下のサイトへアクセスし、あなたのサイトURLを入力して測定をすれば即確認することが可能です。

モバイルフレンドリーテスト

 

以上がモバイルファーストインデックスについてです。
では次に、一体どんなサイトが対策をするべきなのか、チェックポイントを解説します。

モバイルファーストインデックス対策をする為のチェックポイント

後述しますが、WordPressでレスポンシブ対応のテーマを使われているサイトは、早急に対応は必要がないでしょう。(ただし、注意点があるので、それは後述します)
ですが、そうではないサイト、特には以下の2つどちらかにあたる場合は、対応を考えたほうが良いでしょう。

スマホとPCのサイトが別の場合

まず一つ目は、スマホとPCのサイトが別にあり、「スマホ(PC)の方はコチラ」と言う風にユーザーが手動で切り替えをしないといけない場合です。

PCサイトのみの場合

二つ目は、そもそもPCサイトしかない場合です。

まだまだPCサイトしかない(レスポンシブではない)サイトが数多くありますが、非常にもったいないです。

モバイルファーストインデックスって対応必須なの?

ここでもしかしたら「そもそもモバイルファーストインデックスの対応って必要なの?」と思われた方もいらっしゃると思います。

結論から言うと、「した方がいい」と言うのが私の見解です。
少なくとも、スマホユーザーからの閲覧がしやすくなるレスポンシブ対応は最低限度必要でしょう。

以前はPCユーザーがメインのインターネットユーザーだった為、「スマホからも見たかったらこっちね」と冷遇されてしまうサイトが多くありました。これはその当時はそもそもスマホでネットをするユーザー自体の目的が限定的だったことから問題はないとされてきました。

しかし、今はインターネット=スマホからの時代なので、何かあったらスマホ検索、情報収集もスマホでと言うケースは決して珍しくなくなってきました。

ですので特には、

  • 店舗の情報を知りたい
  • 営業時間を知りたい
  • 求人情報を知りたい
  • 問い合わせ先を知りたい
  • 商品のラインアップや価格を知りたい

等、こうした「今すぐ欲しい情報」は今後ますますスマホから検索される、情報収集をされるという流れが一般化してゆきます。
少なくともあなたのブログやホームページを立ち上げた理由が「集客やセールス、ブランディング」と言ったビジネスに根付くものであれば、一般ユーザーを無視する作りはデメリットの方が圧倒的に多い為、現状維持はお勧めしません。

余談ですが、Googleアナリティクスの『ユーザー』⇒『モバイル』⇒『概要』からあなたのサイトへのアクセスがPCとモバイルどちらの比率が高いかと言う事を簡単に知ることができます。

もし、モバイル経由であなたのサイトへのアクセスがあるのなら、レスポンシブ対応は最低限度検討されることをお勧めします。

GoogleアナリティクスでPCとスマホのアクセス数を調べる方法

モバイルフレンドリーのサイトでも、注意するべき3つの事

ここまでのお話をまとめると、モバイルフレンドリー…スマホ対応していれば当面は大丈夫だ。と言う事です。
特にWordPressの場合は優秀なテーマが非常に多く、自動でレスポンシブ対応をしてくれますので、今すぐに大きなシステム対策はしなくてもよいでしょう。

ただし、以下の事には注意をしてください。

ファイルサイズ

まずは、画像のファイルサイズです。
通信速度が高速化してきているとはいえ、画像ファイルの容量が大きすぎると読み込み速度を落としてしまう原因となります。

ですので、例えばスマホで撮影した写真は一旦加工してファイルサイズを小さくしたものをアップロード、掲載すると良いですね。
写真がメインのサイトでない限り、そこまで高細密である必要はありません。
私の場合は、ページの横幅(700ピクセル)位までサイズ変更をしてやるようにしています。

プラグインの使いすぎ

WordPressを使っている方は、プラグインの使い過ぎに要注意です。
物凄く便利なプラグインですが、システムでは常時読み込みを行っている為、あまりにも入れすぎてしまうと読み込み遅延やページのスクロールがもたつくなどの原因になってしまいます。

特にはここ2年ほどでWordPress本体もテーマも劇的に改良されている為、殆どプラグインを使わなくても十分なサイトを構築可能です。

もしプラグインをどう厳選してよいのかが分からないという場合は、こちらの記事を参考にされてください。

これだけ入れておけば安心!WordPress初心者にお勧め厳選プラグイン

サイト全体、記事は必ずスマホからもチェックしよう

後、見落としがちですが、必ずスマホからもアクセスし

  • 読みにくくないのか
  • 表示が遅くないか
  • スクロールしにくくないか

と言った事をユーザーが実際アクセスした時を想定して「ストレスなく読者が知りたい事が得られるのかどうか」チェックをするようにしましょう。

Googleサーチコンソールで定期的にチェックしよう

また、新しくなったGoogleサーチコンソールでは、下図の様に「モバイルユーザービリティー」からエラーチェックをすることができます。

この様に、具体的にどこが良くないのかが分かります。
また、そのエラーをクリックするとページがどれなのかもわかりますので、出てしまった場合は対応しておきましょう。

Googleサーチコンソールのモバイルユーザービリティー確認

まとめ モバイルファーストインデックスを考慮し、スマホユーザー視点でサイト構築をしましょう

という訳で以上が

  • モバイルファーストインデックスとは一体何なのか?
  • モバイルファーストインデックス対策をする為のチェックポイント
  • モバイルフレンドリーのサイトでも、注意するべき3つの事

3つのお話でした。
本文中でもお伝えしましたが、今後ますますモバイル検索は当たり前になってゆくとみられている事から、スマホからのアクセスをするユーザーにとって快適なのか、そして彼らが求めている情報は一体何なのかと言う事をしっかりとリサーチをするようにしたいですね。

クエリによっては、当分は現状のままでいいものもあるでしょうが、特にスマホユーザーを意識したサイトであれば、どのクエリがそれなのかを把握し、コンテンツを作り込んでゆきたいですね!