今回は、パソコンで画面をキャプチャーする際に便利な無料ソフトSkitchの解説を行います。

 

今までClipDeskを使っていたのですが、画像が物凄く劣化してしまうのが悩みでした。

 

2016 年 1 月 22 日をもって、Skitch for Android・Windows・Windows Touch サポートが終了したため、対象OSの方は新しくダウンロードできなくなりました。

既に持っている方向けとなりますので、予めご了承ください。

 

Skitch for Android・Windows・Windows Touch サポート終了のお知らせ

スポンサーリンク

従来のスクリーンショット(キャプチャー)のとり方。

何もソフトを使わずに、パソコンが買ったままの状態でもキャプチャーをとることは可能です。

覚えておくと突貫でパソコン画面上の画像が必要な際に使えますので簡単に解説しますね。

 

①まずはキャプチャー画像を撮りたい画面を表示させます。

②その画面上で、キーボード上のPrtScというキーを押します。

ss

③もともとインストールされているペイントソフトを立ち上げます。

④ホームタブにある、貼り付けをクリックします。

⑤サイズ変更を行う際はホームタブにあるトリミング(切り抜き)や、

サイズ変更をクリックし画像の調整を行ってください。

⑥後は、保存を行えばOKです。

 

 

この方法でも問題ありませんが、とても便利なソフトもありますので用途に合わせてお勧めできるソフトがあります。

 

無料なのに便利!静止画キャプチャーはSkitchでOK!

画面の静止画を作るだけなら、先の基本的な使い方で問題ないと思いますが解説画像を使う際には、ちょっと手間がかかってしまう場合があります。

 

僕はパワーポイントを使い、解説画像を作っていたのですが無茶苦茶時間と手間がかかって正直困っていました。

 

なんか便利なソフトないかな~と探していた矢先、知り合いから便利なソフトを教えてもらいました。

それが今回ご紹介するソフト、Skitch(スキッチ)です。

 

ダウンロードした後は、簡単に使えますので、動画で解説してみました。

 

 

Skitchはスマホ用アプリもあって、同じように使うことが出来ますので併せて使うと便利ですよ!