いつもプラグインのお話しではつまらないので

今回は、Webデザイナーでもある当サイト管理人の佐藤が

実際に依頼を受けて感じた事と、

それに役立つと思った書籍をご紹介します。

 

僕が現在Webで携わらせていただいている業界は

農業

飲食店

理美容

医療

と様々です。

 

実際にお話を伺いながら作成してゆく中で、

業種は違えど、Webを持ちたいと依頼される潜在的なニーズは大体同じだと感じました。

しかし、それに気が付かないデザイナーさんがとても多いと最近思った出来事があります。

 

先日、Webの製作費が50万と高額にもかかわらず、

完成後は放置され、維持費だけで何万もかかるというケースを聞きました。

しかも、店長さんのブログはなぜかアメブロで、Webにリンクがついているだけ・・・。

あまりのひどさに驚きました。

 

仕事が雑すぎるし、クライアントさんのニーズに何も答えられていない・・・!

ただのボッタクリじゃないか!

と思いました。

 

僕自身、旗揚げしてまだ半年程度ですが

製作者側がクライアントさんにWebを持つ意味と役割を伝えられていない事が多くあると感じました。

作ればいいと思っている方が多い!

これは多分、当人もWebの持を持つ意味と役割を知らないからなのではないと思いました。

 

そもそもクライアントさんのニーズは何だろうか?

と、僕自身も考えました。

 

 

 

スポンサーリンク

【クライアントさんに損をさせない】・・・ニーズを知る

インターネット関連のビジネスに携わっている方であれば

Webを持つだけでは意味をなさないことはよくご存じだと思いますが

Web媒体をどこにどうつなげればよいのかが分からないという企業が規模に関係なく

とても多く存在していることに最近気付きました。

 

 

依頼するクライアントさん側としては、

 

事業を起こす⇒Webを持つ⇒これでそれっぽくなった

 

で完結してしまい、企業側はWebを持つだけでは何も意味をなさない事に

気が付いていない為に、何十万も無駄にお金をかけてしまっている訳です。

 

この様に言われたまま作るだけでは、

クライアントさんの潜在的なニーズには応えられていないので

次に紹介や継続的な契約をもらう事は難しいのではないでしょうか。

 

 

では、そのニーズは何なのか・・・

 

 

僕は、

一般的にお金をかけてWebというメディア媒体を持つという事は

当然ながら利益につながることを望まれていると考えています。

 

イメージアップをして売り上げを上げたかったり

優秀なスタッフを揃えて稼働効率を上げたかったり

沢山の予約をとって安定した収入の見込みを作りたかったり

商品を知ってもらい、買ってもらいたかったり

 

結果的にその企業が繁盛する事、そのお手伝いをすることがゴールだと僕は考えています。

 

少し前までは、Webを持つことは、それだけで一つのステータスであったことは事実です。

しかし、今はWebを持つこと事態は当たり前のことで、

ただ持つだけでは情報の渦にのまれて終わってしまう時代です。

 

これからの時代、Webデザイナーは単に作るだけではなく

コピーライティングの知識や

Webマーケティングの知識

伝え方や購入者心理

こういったことも取り入れてゆかなければ

きっと廃れてしまうと思います。

 

因みに、SNSだけしか持たない企業も目立ちますが

導入に対するコストがかかりすぎる・管理が大変

というイメージを持っているケースがとても多いと感じています。

 

導入するメリットを感じてもらわなければ受注はできません。

 

そういった問題点に気づき、積極的にWeb導入をしてもらう

キッカケを作るためにもこれからは複合的な知識が必要だと思いました。

 

【これからは制作だけでは生きてゆけない】複合したノウハウを活かす為の書籍5選

まだ数は多くありませんが、僕が担当させていただいたWebをキッカケに

  • お問い合わせがきた
  • 商品を取り扱えないかと問い合わせがきた
  • たまたまWebをみた企業が興味を持ち、事業提携することができた

こういった嬉しいお声を頂きました。

 

こういったお声を頂いた背景には、先に述べたクライアントさんのニーズに答えたいという

想いから取り入れたノウハウを活かせたからなのではないかと思っています。

 

そこで、Webの作成ノウハウと直結はしないかもしれませんが

僕が実際に読んで役に立っている書籍をいくつかご紹介しようと思います。

 

クライアントさんが儲かってナンボです。

その為にこういった知識は物凄く役に立っています。

 

企業のみならず、個人の為にWebを作成する方にも間違いなく役立つと思います。

 

【マンガで分かるWebマーケティング】 村上佳代

マンガでわかるWebマーケティング ―Webマーケッター瞳の挑戦!―

Webマーケティングの基礎をここれで学ぶことが出来ます。

残念ですが、「SEOだ!」と単にアクセスをアップさせることだけでは何も意味がありません。

アクセスを集めるだけではなく、どのようにしてそのWebを活かせるのか・・・?

そんなWebを運営してゆく上で知っておかなければならい指数

  • PV
  • UU
  • セッション数
  • 1人あたりの指標
  • コンバージョン率

ついても書いてあります。

マンガをはさみながらなので、とても読みやすく理解しやすかったです。

 

 

【ネットで「効く」コピー】 有田憲史

ネットで「効く」コピー

単に書きたいことを書くだけではダメ!

実はインターネット上では、情報量が多すぎてしっかりと読まれていることが殆どありません。

そんな流し読み状態でもどうやったら読まれるのか・・・?

そんなコピーの書き方の基礎を学ぶことが出来ます。

 

Webは勿論、メルマガや商品説明でも活用できるノウハウがシンプルにまとめられていて

とても参考になります。

 

【現代広告の心理技術101】 ドルー・エリック・ホイットマン


【現代広告の心理技術101】

この本は、広告の心理学を追求した一冊です。

著者のドルー・エリック・ホイットマンは、長年の経験と広告データから

人が広告を見るときにどういう心理が働くかという広告行動心理を徹底的に研究し、

それを相手の頭の中に入る消費者心理の17原則買わずにいられなくする41のテクニック

まとめられています。

Web上での販売や集客は勿論、POP作成にも大変役立ちます。

 

【人を動かす】 デール・カーネギー

人を動かす 新装版

人の行動心理について書かれた書籍

世界的に大ベストセラーです。

これは、ネット上でも活用できますが、

クライアントさんや関係者とのコミュニケーションを円滑にする際にも大変役立ちます。

  • 人を動かす三原則
  • 人に好かれる六原則
  • 人を説得する十二原則
  • 人を変える九原則

といったとても興味深いことが書かれています。

基本的に時代は変われど行動心理の原理原則は変わらないという事も学べます。

 

【YouTube動画 SEOで客を呼び込む】 鈴木将司

「YouTube動画SEO」で客を呼び込む

最近はニュースでも取り上げられていますが、動画の注目度・重要度が急上昇しています。

他のWebとの差別化を、こういった他のコンテンツと融合させることは

クライアントさんにとって大きな利益を生み出すきっかけとなりえます。

様々な視点からWebをもっと有意義なものにするのに役立つと思います。

ニーズへの答え方はライティングだけではないということですね。

 

【まとめ】いろいろ取り入れるのが吉

僕自身、「Webデザイナーって作ってナンボなんでしょ?」

と思っていましたが、実際にやってみると

作るだけでは完結しないものだという事が分かりました。

 

これは、個人で作る場合も同じことが言えると思います。

作る以上、目的があるわけですから、それが達成されないと嫌ですもんね。

 

もちろん、あれもこれもやると中途半端になるので

専門的なところは外注しますが

基礎知識がないと、外注もかけられないですから

是非取り入れてみることをお勧めします^^

 

manual