この記事では、Google Search ConsoleへWordPressサイト・ブログを登録する方法について解説します。

Google Search Console(グーグル サーチ コンソール)とは、Googleが無料で提供するWEBサイト管理者用ツールのことです。

登録しておくことにより、

  • Googleよりサイト運営に対するメッセージが届いたり
  • どのようなキーワードでサイトが検索より重要視されているかが表示されていたり
  • グーグル検索エンジンからみたサイトの状態を確認することもでき

あなたのブログのアクセスアップをするうえで重要なSEO上も様々な活用方法がありますので、是非登録しておきましょう。

Googleアカウントを作成

Gmailを作成すると、Googleアカウントが同時作成されます。

未取得の場合は、1つアカウントを取得してください。

GmailとGoogleアカウントを簡単に取得する方法+iPhoneで設定する方法

Google Search Consoleのアカウントを作成

まずは、Google Search Console(旧ウェブマスターツール)にアクセスします。

Googleサーチコンソール アカウント作成ページへ

setting_googlewebmaster01

まずはあなたのWordPressブログを登録します。

ページ下部にある、枠内に追加するあなたのブログサイトのURLサイト入力し、サイトを追加ボタンをクリックします。

setting_googlewebmaster03

クリックすると以下のような画面になります。

setting_googlewebmaster02
いくつか登録方法がありますが、推奨設定とされている、HTML ファイルをサイトにアップロードでの設定方法を解説してゆきます。

*表示される画面のまま進めてゆきます。

①HTML確認ファイルをウェブマスターツール画面よりダウンロード

下記画面参照の上、HTML確認ファイルをダウンロードします。

setting_googlewebmaster06

②HTML確認ファイルをアップロードする

FTPソフトを使い、ウェブマスターツールを使いたいWEBサイトの

http://あなたのドメイン名/public_html/

の階層にアップロードします。

FTPソフトの簡単な設定方法

setting_googlewebmaster07

③アップロードされているかの確認をする

アップロードが終わったら、下記画面参照の上、ウェブマスターツールサイトの3をクリック。

setting_googlewebmaster10

クリックすると、下記のような画面が表示されます。

setting_googlewebmaster04

*割り振られた文字列が表示されるだけの地味なページで、特に意味はありません。

表示の確認が出来たら、確認ボタンをクリックします。

完了すると、下記画面が表示されます。ファイルをアップロードしたら、登録完了したことを確認します。
setting_googlewebmaster08
続行をクリックすると、以下のような基本管理画面となり、登録が完了となります。
setting_googlewebmaster05

setting_googlewebmaster09

尚、お使いのテーマやプラグインによってはFTPアップロードをしなくてもいいケースもあります。

Google Search Consoleに登録が終わったらサイトマップ送信も忘れずに行ってください

尚、Google Search Consoleは登録しただけでは設定が不十分です。

こちらの『WordPressのXMLサイトマップをGoogleサーチコンソールに送信する方法』をご参照の上、必ずサイトマップ送信まで行ってください。