この記事では、Google Search Console(サーチコンソール)へWordPressサイト・ブログを登録し、更にXMLサイトマップ送信する方法について解説します。

Googleサーチコンソールとは、Googleが無料で提供するWEBサイト管理者用ツールのことです。

登録しておくことにより、

  • Googleよりサイト運営に対するメッセージが届いたり
  • どのようなキーワードでサイトが検索より重要視されているかが表示されていたり
  • グーグル検索エンジンからみたサイトの状態を確認することもでき

あなたのブログのアクセスアップをするうえで重要なSEO上も様々な活用方法がありますので、是非登録しておきましょう。

必ずGoogleアカウントを作成しておきましょう

Googleサーチコンソールに登録するためには、Googleアカウントが必要となります。

Gmailを作成すると、Googleアカウントが同時作成されます。

未取得の場合は、1つアカウントを取得してください。

GmailとGoogleアカウントを簡単に取得する方法+iPhoneで設定する方法

まずはGoogle Search Consoleに登録しよう

Google Search Console(よく「サーチコンソール」と呼ばれます。)とは、Googleが無料で提供するWEBサイト管理者用ツールのことです。

ツールに登録しておくことにより、Googleよりサイト運営に対するメッセージが届いたり、どのようなキーワードでサイトが検索より重要視されているかが表示されていたり、グーグル検索エンジンからみたサイトの状態を確認することもできます。

アクセスアップをするうえで重要なSEO上も様々な活用方法がありますので、必ず登録しておきましょう。

Google Search Consoleのアカウントを作成

まずは、Google Search Consoleにアクセスします。

Google Search Console登録ページへ

ログインすると、下記画面が表示されます。

setting_googlewebmaster01

WEBサイトをGoogle Search Consoleに登録します。

ページ下部にある、枠内に追加するあなたのブログサイトのURLサイト入力し、サイトを追加ボタンをクリックします。
setting_googlewebmaster03

クリックすると以下のような画面になります。


いくつか登録方法がありますが

All In One SEO Packプラグインを使った設定方法

HTML ファイルをサイトにアップロードをする設定方法

以上の2通りを解説します。
尚、設定が簡単なのは『All In One SEO Packプラグインを使った設定方法』となります。

All In One SEO Packプラグインを使った設定方法

まず、図解しますね。

それぞれ解説してゆきます。

①認証コードをコピーする

まずは、同ページの『別の方法』タブをクリックします。
次に『HTMLタグ』にチェックを入れ、表示されるmetaタグ内 " " 内の文字列だけをコピーします。

②All In One SEO Packプラグインにコードを入力(ペーストする)

次に、WordPressの管理画面を開きます。
All In One SEO Packプラグインの一般設定を開き、ページ内の『ウェブマスター認証』ブロック内にある『Google Googleサーチコンソール:』に①でコピーをした認証コード(metaタグの一部)をペースト。
ページ下にある『設定を更新』ボタンをクリックします。

③Google Search Consoleの登録画面で、確認ボタンをクリックします。

完了すると、下記画面が表示されます。ファイルをアップロードしたら、登録完了したことを確認します。

この画面の後…。

この画面が表示されれば、無事に設定が完了したことを意味します。

『プロパティーに移動』をクリックし、次はサイトマップ送信を行いましょう。

HTML ファイルをサイトにアップロードをして設定する方法

①HTML確認ファイルをGoogleサーチコンソール画面よりダウンロード

下記画面参照の上、HTML確認ファイルをダウンロードします。

②HTML確認ファイルをアップロードする

FTPソフトを使い、Googleサーチコンソールを使いたいWEBサイトの『http://あなたのドメイン名/public_html/』 の階層にアップロードします。

FTPソフトの簡単な設定方法

setting_googlewebmaster07

③アップロードされているかの確認をする

アップロードが終わったら、下記画面参照の上、Googleサーチコンソールサイトの3をクリック。

クリックすると、下記のような画面が表示されます。

setting_googlewebmaster04

*割り振られた文字列が表示されるだけの地味なページで、特に意味はありません。

表示の確認が出来たら、確認ボタンをクリックします。

完了すると、下記画面が表示されます。ファイルをアップロードしたら、登録完了したことを確認します。

『プロパティーに移動』をクリックし、次はサイトマップ送信を行いましょう。

Google Search ConsoleにXMLサイトマップを送信する手順

サイトマップ作成には、プラグインGoogle XML Sitemapsを使用します。

 Googleはクローラーと言う、定期的にWebサイトを巡回してGoogleページに情報を表示させるためのシステムが存在します。
そのシステムに的確にGoogle掲載をしてもらい、より多くの人にアクセスしてもらうようにしましょう。

ここでは、Google XML Sitemapsの簡単な設定方法について解説します。

google-Sitemap

XMLサイトマップは、XMLを省略して「サイトマップ」ともいいます。(以下サイトマップ)

サイトマップは、簡単にいうとあなたのブログやWebサイトの目次のことを指します。

サイトマップとは、あなたのブログの中にどんなページがあるのかをリストにしたものです。
検索エンジンに登録することにより、
ブログの中にある全てのページが検索にいち早くヒットしやすくなるので目的のページにアクセスしてもらいやすくするためのものだと思ってください。

ブログはどんどんページ数が増え、どこに何があるのか、どことつながっているのかが分かりにくくなってゆきます。

手動でどこに何があるかを随時把握して伝えるのはとても難しいので、手早く簡単にこのサイトマップを導入してしまいましょう!

事前準備:Google XML Sitemapsをインストールしておこう

サイトマップ送信には、事前にWordPress側でサイトマップを生成しておく必要があります。

サイトマップ生成には、『Google XML Sitemaps』がお勧めです。
未設定の場合はインストールを染ませておきましょう。

Google XML Sitemapsプラグインをインストールにするには、ダッシュボード⇒プラグイン⇒新規追加で表示される画面の検索ボックスで『Google XML Sitemaps』と検索すると出てきます。

↓このアイコンが目印です!

Google XML Sitemapsプラグインのアイコン

Google XML Sitemaps』プラグインが表示されたら、『いますぐインストール』と書かれた箇所をクリックしてインストールして下さい。

最後に、『有効化』をクリックすれば完了です。

プラグインのインストールについて

もし分からない場合は、以下のプログラムを参考に、実施しましょう。

WordPressブログにプラグインをインストール・設定する方法

サイトマップのURL確認方法

では、サイトマップ送信をする為に、URLを確認してみましょう。

『ダッシュボード』⇒『設定』⇒『XML-Sitemap』メニューをクリックして下さい。

Google XML Sitemaps04

Google XML Sitemapsプラグインの設定画面が表示されます。

Google XML Sitemaps02

この画面が表示されれば、インストールが正常に完了したことになります。

サイトマップはデフォルトでは『sitemap.xml』というファイル名で作成されます。

また設置される場所はWordPressが設置されているのと同じディレクトリーです。

例)https://infinityakira-wp.com/sitemap.xml

早速サイトマップを送信してみよう!

まずは、Googleサーチコンソールへアクセスします。

Googleサーチコンソール

運営者 佐藤
Googleサーチコンソールには現在、「旧バージョン」と「新バージョン」の2つが存在します。

どちらからの操作でもサイトマップ送信はできますので、あなたのサーチコンソールのバージョンに併せて活用してください。

*どちらかで行えば、OKです。

旧バージョンのサーチコンソールの場合

ログイン後、図のようにの『サイトマップ』をクリックします。

setting_googlewebmaster11

表示された画面右側にある、『サイトマップの追加/テスト』をクリックします。

setting_googlewebmaster12

『sitemap.xml』と入力して、『サイトマップを送信』ボタンをクリックします。

setting_googlewebmaster13

以下のようにな画面が表示されれば、無事にサイトマップが送信できてれば完了した証拠です。

setting_googlewebmaster09

新バージョンのサーチコンソールの場合

サーチコンソールの左側メニューにある『サイトマップ』をクリックしましょう。

そうすると、図のような画面が表示されます。

『sitemap.xml』と入力して、『送信』ボタンをクリックします。

これでサイトマップ送信が完了です!

以上がGoogleサーチコンソールへの登録~サイトマップ送信までの手順でした。

ずーっと集客に困らない『集客・来客型ブログ』の作り方、知りたくありませんか?

ブログで集客を仕組み化し、ずーっと集客に困らない資産型ブログを作りたい方の為、
3年以上自動で集客し続けるブログの秘密をまとめたE-bookを始めとした4つの特典をメルマガ登録者限定にプレゼントしています!

E-bookでは、
・売り込みなし
・営業活動なし
・過剰な演出をしたSNS投稿なし
・高額広告運用なし

でも

・ブログにアクセスを集める方法
・自動的に見込み客を集め続ける方法
・ブログで継続して収益をあげる方法

また

・読まれる記事にするコツ
・集客型ブログの作り方

等について、2冊、総200ページ以上に渡り解説しています。

この他、7日間メルマガ講座や成功者が続出しているオンラインスクールの限定案内などをお送りします。

今すぐ詳細ページをご確認ください。