独自でブログを持つ方で多いのが

広告収入も欲しい

という方です。

 

無料のブログサイトでは、既に運営会社が広告を貼っているので

それをすることが出来ませんが

WordPressであれば、広告収入を狙う事も可能です。

 

今回は、その広告収入の代表格といえる

グーグルアドセンスについて少し書こうと思います。

 

 

スポンサーリンク

そもそもGoogleアドセンスとは何?

Googleのアドワーズ広告を、自分の運営するウェブサイトに掲載する事ができる広告プログラムの事を指します。

 

検索結果で最初に表示されるのは、アドワーズ広告です。

例えば、WordPressで検索した結果画面ですが、下図の様な表示がされました。

結構無意識で見ていましたが、検索結果画面で最初に目に入ってくるのは殆どが広告だった訳ですね。

adsence01

 

ウェブサイトの運営者(つまりはブログを運営するあなたが)は、

クリックされた後の商品の購入の可否は関係なく

広告がクリックされた回数、

またはインプレッションといって、

広告が表示されるの回数に応じて収入を得ることがきます。

 

 

 

なお、アドセンス広告を導入サイトしたに掲載されるアドワーズ広告は、

ウェブページ内にあるテキスト情報などを参照して、Googleのプログラムが自動的に、

コンテンツと関連性の高い広告を配信するしくみになっています。

 

情報発信を行っているブログやサイトでよく見かけますよね。

無料ブログサイトは、この仕組みを自社で行い

その広告表示をさせる代わりに

ユーザーには無料でブログサービスを貸し出す仕組みで運営されています。

 

ユーザーが増えて、ブログが増えれば増えるほど、自社のアドセンス広告が表示され

インプレッション数、クリック数がどんどん増えてゆく・・・という訳です。

何もしていないのに、運営会社が無料で貸してくれているわけではなく

ユーザーが知らないうちに稼ぐのを手伝っているという方が個人的には適している表現だと思います。

 

注意点は?

広告はランダムに配信されるわけではなく

アクセス者がよく検索したり、アクセスするサイトや

商品と関連するものが表示されるようになっています。

 

例えば僕の場合、ガンプラサイトを見た後は

広告でガンプラ関連のものばかりで表示されます。(笑)

 

ここで注意しておきたいのが

あなたのサイトと関連性のある広告が表示されてそちらに

お客さんが流れてしまう可能性があるという事です。

 

記事を読んでもらえれば、その先に何もバックエンドがないという場合は問題ないでしょう。

しかし、そこから自分のサービスへの誘導を行いたいのであれば

注意が別のところへ行ってしまう可能性があります。

 

 

アドセンスからの収入以外が狙いの場合は広告表示をさせた際の

デメリットも併せて考えておきたいですね。

 

 

また、大前提として、管理者自らがクリックすることは禁止されています。

自作自演で稼げたらクリックを数多くできたもん勝ちになってしまいますからね。

悪意があると判断されたアカウントは即無効にされてしまうようです。

 

 

そんなに儲かるの?

月に3万を超えると、ネットビジネス界でもトップ5%に入るといわれています。

要は、簡単には儲からないってことですね。

しかし、サーバーのレンタル代くらいを簡単にペイできる程度なら

稼いでいる方はちょいちょいいます。(5000円とか)

 

大きく稼ぐのには向いていないようですが

ブログとその記事次第でだいぶ変わるようですね。

 

調べたところ、目安が載っていました。

必ずしもこうなるとは限りませんが、かなりのアクセス・PVがないと

万単位では稼げなそうです。

 

PV数とAdsense収益の関係

月間PV収益額(円)
1万PV2,000~4,000
5万PV10,000~20,000
10万PV20,000~40,000
20万PV40,000~80,000
30万PV60,000~120,000

 

逆に、爆発的にアクセスを集める記事を書ければ

結構稼げる可能性はありそうですね。

 

まとめ

いきなりガッツリ稼ぎたい方には向いていないかもしれません。

しかし、お小遣い程度を稼ぐのであれば十分に可能ではないでしょうか。

 

まだまだ調査が足りていませんので

実際に行っている方に色々うかがってみようと思います^^

 

manual