こんにちは!ブログ集客コンサルタントの佐藤旭です。

「ブログやWebサイトに設置をした、アフィリエイトリンクや外部の予約サイトへのクリックをいつどれだけされたのか?」知りたい事ってありますよね。

この記事では、あなたのブログやWebサイト内に設置をした外部リンクのクリックをGoogleタグマネジャーのイベントトラッキングを使って測定する設定方法について解説します。

この方法が分かれば、どの記事経由でどのURLがどれだけクリックされたのかが分かるので、クリック数を上げる為の対策を練る際にも役立ちます!

外部リンクのクリック測定の際、Googleタグマネジャーを使うメリット

ブログサイトを運営する上で、どのリンクをどれだけクリックされたのか?具体的な数字は非常に気になりますよね。

Googleタグマネジャークリック測定したくありませんか

通常ブログ内の指定したページへの到達数・到達率を測定するためには、Googleアナリティクスの『コンバージョン』の設定を行います。
同じURL内であれば、シンプルな設定で直ぐできるのでお勧めです。

*参考記事:Google Analyticsを使いブログ内コンバージョン率を測定する方法

 

しかし、外部サイトのURLクリックを測定したい場合は、専用のHTMLコードを生成して設置等の設定をする必要な事。
また、測定対象のURLが変わったらコードをすべて修正する必要があるといった手間がどうしてもかかってしまいます。

そんな時に役に立つのが、Googleタグマネジャーのイベントトラッキング機能なのです!

 

なので、例えば

  • アフィリエイトリンクのクリック数を測定したい。
  • アフィリエイトリンクがどのページでクリックされたのかを測定したい。
  • HOT PEPPER等、外部サイトリンクのクリック数を測定したい。
  • HOT PEPPER等、外部サイトリンクがどのページでクリックされたのかを測定したい。

こうした場合は、『Googleタグマネジャー』を使うことで、簡単に測定できるようになります。

クリック数はもちろんですが、クリックされたページが分かれば、共通の外部サイトのURLを設置している際に「特に何を知りたい人、困っている人の反応が高いのか」という事が分かるようになります。

例)HOT PEPPER等の予約ページを全記事に表示させている場合、どの記事が最も予約に誘導できているかが分かります。

そうすれば・・・

  • 関連記事を増やすべきなのか?
  • 特定のページの検索順位を上げるのか?
  • 内部リンクを充実させるのか?

等、この先何をすれば、更にクリック数を増やせるのか、目的のページへのアクセスを増やせるか、という事の戦略が立てやすくなります!

 

Googleタグマネジャーで解析をする大切さ

 

ここから先では、そのGoogleタグマネジャーのイベントトラッキングの設定方法として

  • 外部サイト全てがクリックされた場合に測定をする設定方法
  • 特定の外部サイトのURLがクリックされた時に測定をする設定方法

この2つを解説してゆきます。
目的に合わせ、設定をしてくださいね。

Googleタグマネジャーのイベントトラッキング設定をする為には、GoogleアナリティクスとGoogleタグマネジャー登録・設定済みである必要があります。

未設定の場合は、『Google AnalyticsにWordPressブログを登録する方法の記事』、『WordPressにGoogleタグマネジャーをプラグインで設定する方法』の記事を参考に設定をされてください。

Googleタグマネジャーのイベントトラッキング設定方法

Googleタグマネジャーのイベントトラッキング設定は流れは以下の通りです。

  1. 変数の設定
  2. トリガーの設定
  3. タグの設定
  4. 公開

尚、特定のURLクリックを測定したい場合は、予めそのURLが確認できるようにしておくと作業が楽ですよ。

では、順に解説してゆきます!

 

変数の設定

まずは、Googleタグマネージャーの管理画面を開き、左側メニューにある『変数』をクリックします。
『組み込み変数』と表記されたページが開くので、次に『設定』をクリックします。

そうすると、画面右側に『組み込み変数の設定』画面が表示されますので、『クリック』の項目すべてにチェックを入れてください。

Googleタグマネジャー 変数の設定順番

トリガーの設定

次に、トリガーの設定を行います。
左メニューにある『トリガー』をクリックし、『新規』をクリックしてください。

Googleタグマネジャー トリガーの新規作成

そうすると、画面右側から下図のような『名前のないトリガー』と表記された『トリガーの設定』画面が表示されます。
下図のように画面右上にある鉛筆マークをクリックしてください。

Googleタグマネジャー トリガーの設定画面①

『トリガーのタイプを選択』と言う画面が右側から表示されます。
『リンクのみ』をクリックしてください。

Googleタグマネジャー トリガータイプの選択

そうすると、トリガーの詳細設定画面が表示されます。
下図のように

  1. タグの設定を待つにチェックを入れる。
    *待ち時間の上限はそのまま操作しない。
  2. その下に表示されるブロックには、左から順番に『Page URL』『正規表現に一致』を選択。
  3. 一番右には.*と入力をしてください。
Googleタグマネジャー トリガーの設定画面②

次に、画面下の『このトリガーの発生場所』は『一部のリンククリック』にチェックを入れてください。

ここからは、2種類の設定が可能です。

  • 外部サイト全てがクリックされた場合に測定をする設定方法
  • 特定の外部サイトのURLがクリックされた時に測定をする設定方法

希望されるトリガーの発生条件により、若干設定が異なりますので、それぞれ解説します。

測定するURLを外部全にする場合

外部サイト全てがクリックされた場合に測定をする設定する場合、下図のように設定をします。

例えば、このブログのURL以外のクリックをすべて測定する場合は、『Click URL』を『含まない』に設定の上、一番右の欄には『https://infinityakira-wp.com/』を入力します。
こうすることで、「このURLを含まれないURLがクリックされたとき測定をする」という設定をしたことになります。

Googleタグマネジャー トリガー設定外部サイト全てのクリック

指定したURLがクリックされたときのみ測定をする場合

特定の外部サイトのURLがクリックされた時に測定をする設定場合は、下図のように設定をします。

例えば、AmazonのURLをクリックされたときのみ測定をする場合は、『Click URL』を『含む』に設定の上、一番右の欄に『https://www.amazon.co.jp/』を入力します。
こうすることで、「このURLを含むURLがクリックされたとき測定をする」という設定をしたことになります。

アフィリエイトやホットペッパー等の外部予約サイトのクリックのみを測定するときに役立ちます。

Googleタグマネジャー トリガー設定指定した外部サイトのクリック

 

いずれかのURLクリックの設定が終わったら、画面右上にある『保存』ボタンをクリックしてください。
下図のような画面が表示されます。

分かりやすい名前を付けて、保存をしてください。

Googleタグマネジャー トリガーの保存

これで、トリガーの設定は完了です。

タグの設定方法

続けてタグの設定を行います。
作成をしたトリガーをタグに設定し、そのコードをブログなど測定対象のサイトに埋め込む事で、データを取る事が出来るようになります。

左メニューにある『タグ』をクリックし、『新規』をクリックしてください。

Googleタグマネジャー タグの新規作成画面

そうすると、下図のような画面が表示されます。
画面右上にある鉛筆マークをクリックしてください。

Googleタグマネジャー タグタイプの選択画面1①

そうすると、画面の右側から下図のような『タグタイプを選択』画面が表示されます。
その中から、『ユニバーサルアナリティクス』をクリックして下さい。

Googleタグマネジャー タグタイプの選択画面②

そうすると、『タグの設定』画面が表示されます。

上から順番に設定をしてゆきます。
まず、『トラッキングタイプ』は『イベント』を選択してください。

次に、『イベントトラッキングパラメータ』は、以下を入力してください(コピペでOKです)

  • カテゴリ:External link
  • アクション:{{Click URL}}
  • ラベル:{{Click Text}}:{{Page URL}}

次に、画面下の『このタグでオーバーライド設定を有効にする』にチェックし、Google Analyticsで発行済みのUAから始まるトラッキングIDを入力してください。

順番に設定をしてゆくと、下図のようになります。

Googleタグマネジャー タグのイベント設定画面

この様になります。

 

GoogleアナリティクスのトラッキングIDの確認方法

GoogleアナリティクスのトラッキングIDは、Googleアナリティクスの『管理』から『トラッキングコード』をクリックすると確認できます。

Googleタグマネジャー GoogleアナリティクスのトラッキングIDの場所

続いて、先ほど作成をしたトリガーを設定します。
同じ画面下の『トリガー』のブロック右上にある鉛筆マークをクリックしてください。

Googleタグマネジャー タグ設定でトリガーの選択画面①

そうすると、下図のように作成をしたトリガーが表示されます。
この記事の場合は『外部リンククリック』ですが、あなたが作成をしたトリガーの名前をクリックしてください。

Googleタグマネジャー タグ設定でトリガーの選択画面②

最後に画面の右上にある『保存』ボタンをクリックしてください。
下図のような『タグ名の変更』画面が表示されます。

分かりやすい名前を付け、『保存』ボタンをクリックしてください。

Googleタグマネジャー タグの保存画面

これでタグの作成までが出来ました。

タグの公開

最後に、下図のような画面になりますので、画面右上にある『公開』ボタンをクリックしてください。
これで、作成をしたトリガーがタグに組み込まれ、イベントトラッキングが出来るようになりました!

Googleタグマネジャー タグの公開

設定をしたイベントトラッキングの測定結果の確認方法

タグの公開までできれば、後は測定結果を見るだけです。
イベントトラッキングはGoogleアナリティクスから確認する事が出来ます。

クリックで確認をしたいのが

  • どのページでクリックが発生したのか?
  • どのURLがクリックされたのか?

この2つですよね。
早速確認方法を解説してゆきます。

Googleアナリティクス内でURLクリックされたページを確認する方法

まずは、イベントトラッキングで設定をしたURLがどのページでクリックされたのかを確認する方法です。
例えばアフィリエイトリンクや外部サイトへのリンクを複数のページに設置をされている場合は、この方法となります。

Googleアナリティクス内左側のメニューにある『行動』をクリックし、その中にある『イベント』から『ページ』をクリックしてください。
下図の様に、どのページでどれだけの数クリックが発生したのかがこれで分かります。

尚、各URLをクリックすると更にそのページ内でどのURLがクリックされたのか?を具体的に知る事が出来ますよ!

Googleタグマネジャー Googleアナリティクス内でURLクリックされたページを確認

Googleアナリティクス内でクリックされたURLを確認する方法

次に、イベントトラッキングで設定をしたどのURLがクリックされたのかを確認する方法です。
純粋なURLクリック数を調べたい時は、この方法となります。

Googleアナリティクス内左側のメニューにある『行動』をクリックし、その中にある『イベント』から『上位イベント』をクリックしてください。
下図の様に、どのURLがどれだけの数クリックされたのかを知る事が出来ます。。

尚、各URLをクリックすると更にどのページでどれだけの数クリックが発生したのか?を具体的に知る事が出来ますよ!

Googleタグマネジャー Googleアナリティクス内でクリックされたURLを確認

ブログで最大の成果を出す為には、解析は必要不可欠!

以上が『Googleタグマネジャーで外部サイトのURLクリック数を測定する方法』です。
少し小難しく感じるかもしれませんが、順を追って設定をすれば案外簡単にできてしまいます。

ブログで集客・販売と言う成果を出し、最終的に仕組化をする為には解析は必要不可欠です。
大抵の方が苦手意識を持ち、取り組まないからこそやった方から成果が出ますので、是非トライしてみてください。

 

ブログで集客を仕組化されたい方は、併せて『『ブログ集客のやり方まとめ』毎日更新せず集客・販売を継続する方法』をお読みになり、理解を深めると具体的に何をすればいいのかが見えてくるはずです!