Google Analytics(アナリティクス)は無料で使えるアクセス解析ツールです。
しかし、多機能すぎてよく分からなくはないでしょうか。
そこでこの記事では、初心者でも分かるように導入・登録方法から基本用語、基礎から応用編まで集客に繋げる使い方を解説します。

こんにちは!ブログ集客コンサルタントの佐藤です。
あなたのブログなどのWebサイト、きちんと解析を行っていますか?

解析というと、アクセス数の増減ばかり見ている方が多いですが…その使い方、非常にもったいないんです!
というのも、Googleアナリティクスをしっかりと使えれば、あなたのブログに黙っていても見込み客がどんどん集まってくるように仕組み化することができるからです。

「とはいっても、一体どうしたらいいかが分からない…。」とお困りのあなた、ご安心ください!

これから始める初心者の方はもちろん、「既に使い始めているけどいまいちよく分からない・・・」という方にも、集客・販売へ繋げる為のプロの使い方まで網羅しました!
これであなたも今日からGoogle Analyticsマスターです!

是非ブックマークに加え、活用してくださいね!

こんな人にお勧めの記事です!
  • Google Analytics(アナリティクス)の使い方を覚えたい
  • Google Analytics(アナリティクス)を使い、アクセス解析を行いたい
  • Google経由でブログ集客を行いたい
  • ブログから自分の商品・サービスの販売を行いたい
  • ブログをアクセスアップをさせたい

Googleアナリティクスとは?何ができるのか?

Googleアナリティクスとは、Googleが提供しているアクセス解析をするツールです。
基本無料で使えます。有料版もありますが、基本的には無料版のみでも十分に使えます。

Googleアナリティクスは、登録をしたウェブサイト(ブログやホームページ)に対して訪問したユーザーの動向を知ることができます。

例えば、

  • 日にどれだけのユーザーが訪問したのか
  • 検索エンジン、SNS、広告、リンク紹介等、何経由でアクセスしてくれたのか
  • ユーザーはどこを読んでくれているのか
  • あなたの最も訪問してほしいと願うページへのアクセスがあるのか

と言ったデータを計測して知ることができます。

こういったデータを測定するためには、Googleアナリティクスで発行されるトラッキングコードを対象のウェブサイトに埋め込む必要があります。
そうすることで、ユーザーがアクセスをする度にデータが測定され、あなた専用の管理画面上でその結果を知る事が出来るようになるのです。
(管理者を追加して複数人で測定結果を見る方法は後述します。)

ブログやホームページといったウェブサイトから集客をしたり、商品を販売するためには漠然と記事やページを作ればいいわけではありません。
なぜなら、インターネット上には数え切れないほどの情報が存在するため、あなたのブログなどの存在を知ってもらえないからです。

また同時にあなたがターゲットとするユーザーに訪問してもらう必要がありますし、アクセスをするデバイス(PCやスマホ、タブレット)ごとにも快適に回遊して集客に繋げる必要がありますよね。

こうしたインターネット上での集客やセールスを成功させるためには、日頃からあなたのブログに訪問してもらいやすくするのに加え、その後の動向を把握して最適化しておく必要がある訳です。
それらのデータを測定できるのが、Googleアナリティクスなのです。

把握できる事・出来ない事

とは言え、Googleアナリティクスは万能ではありません。主に把握できることと出来ない事は下記の通りです。

把握出来る事

  • ユーザーがどこからあなたのサイトにたどり着いたのか(アクセス元)
  • ページ別の閲覧回数(PV数)
  • どのページが集客や購買に繋がっているのか(導線)

など

把握できない事

  • ユーザーの個人情報
  • ユーザー別のあなたのサイト内での動き
  • 検索順位

など

運営者 佐藤
Googleでは様々なツールが公開されています。
それらと連動させたり、別のツールを使う事でカバーできるようになっています。

Googleアナリティクスの始め方・設定・導入手順

では、Googleアナリティクスをどのようにすれば使えるのようになるか。その手順を解説してゆきます。

手順は大きく分けて5ステップで

  1. Googleアカウントアカウントの取得
  2. Googleアナリティクスへの登録とログイン
  3. トラッキングコードの取得
  4. トラッキングコードの設置
  5. 確認

この流れとなります。

運営者 佐藤
それでは詳しく解説して行きますね!
Googleアナリティクス設定5ステップ(クリックで詳細が確認できます)

Googleアカウントの作成

まずGoogleアナリティクスを使う為には、Googleアカウントが必要です。
Googleアカウントとは、Gmailアカウントのことです。

まだGmailアカウントを持っていない場合は、こちらの『【初心者向け】今すぐiPhoneでGmailを設定して送受信する方法』で詳しく解説していますので、参考にして取得をしてください。

Googleアナリティクスへ登録しログイン

Googleアカウントの用意ができたら、次にGoogleアナリティクスのアカウント作成を行います。

下記サイトへアクセスし、Google Analyticsアカウントを作成します。

Google Analyticsアカウントを作成ページにアクセスする

Googleアナリティクス ログイン画面

このような画面が表示されますので、右上の『アカウントを作成』ボタンをクリックします。

次に、ログイン画面が表示されます。

Googleアナリティクス ログイン画面

この画面では、あなたのGmailアドレスを入力し、『次へ』ボタンをクリックしてください。
未ログインの場合はパスワードの入力画面が続いて表示されます。
あなたが設定をしたパスワードを入力してください。

Googleアナリティクス同意画面

次に、この様な画面が表示されます。
ページ内をよく読み、納得の上最後に『同意します』ボタンをクリックしましょう。

続いて下図のようなアナリティクス開始までのステップについての画面が表示されます。
画面右側にある『お申し込み』をクリックして次の画面に進みましょう。

setting_googleAnalytics02

 

次に、あなたのウェブサイト情報などを入力する画面が表示されます。
表示される画面に沿って必要事項を入力してゆきます。

下記画面を参考にしてみてください。

setting_googleAnalytics03
  • アカウント名:あなたが管理しやすい名前を任意で入力してください。
  • ウェブサイト名:あなたが解析をしたいブログやホームページの名前を入力すると良いでしょう。
  • ウェブサイトのURL:あなたが解析をしたいブログやホームページのURLを入力してください。
    httpsとhttpの2種類があるので注意してください。
  • 職業:あなたの職業と同じ、もしくは近いものを選択してください。
  • レポートのタイムゾーン:お住まいの国を入力してください。

入力が終わったら、その下に続くチェックボックスの内容を確認し、画面下部にある『トラッキングIDを取得ボタン』をクリックします。

クリックすると、下図のような同意画面が表示されますので『同意する』ボタンをクリックします。

setting_googleAnalytics04

アナリティクスからのログアウト方法

Googleアナリティクスからログアウトをしたい時の手順です。
Googleアナリティクスログイン後、画面右上にあなたのGoogleアカウントのアイコン画面がありますのでそこをクリックして下さい。
そうすると、メニューが表示されますので、『ログアウト』をクリックすればできます。

Googleアナリティクスのログアウト方法

トラッキングコード・トラッキングIDの取得

登録が終わると、続いて下図のような画面が表示されます。

ここで表示されているものがトラッキングIDトラッキングコードです。

Googleアナリティクスであなたのウェブサイトのアクセス解析をする為にはこのコードを埋め込むがあります。

setting_addAnalytics04

これをあなたのウェブサイトに埋め込みますます。

トラッキングコードの設置

やり方は大きく分けて2通りあります。1つはトラッキングコードをコピーし、ウェブサイトの全ページのHTMLに貼り付ける方法です。

HTMLの<head>タグの直後に貼り付けましょう。

2つ目はトラッキングIDを設置する方法です。お使いのウェブサービスによってはトラッキングIDさえ所定の設定箇所に入力をすれば良いというものです。
WordPressの場合にこの方法を用います。

WordPressへの設置

あなたがGoogleアナリティクスで登録し、測定をしたいサイトWordPressの場合は『初心者でも簡単!Google AnalyticsにWordPressブログを登録する方法』をご参照の上設定をしてみてください。

初心者でも簡単!Google AnalyticsにWordPressブログを登録する方法

2014.09.28

確認

最後にGoogleアナリティクスが設定できているのかどうかを確認しましょう。

Googleアナリティクスのレポート内『リアルタイム』⇒『概要』の順でリアルタイムのアクセス者の状況を確認できる画面を開きます。
続いて、この画面を開いたままあなたのブログなど設定をしたサイトにアクセスをしてください。

Googleアナリティクス 設定確認画面

そうすると図の様に、サマリーに現在〇(あなただけの場合は1)と表示されます。
これが確認できれば設置が無事に完了したことを意味します。

運営者 佐藤
尚、あなた以外の方がどの位アクセスをしたかを知る為には、『レポート』⇒『ユーザー』⇒『概要』でレポートをチェックしてみましょう。
ただし、レポートにデータが表示されるようになるまで、24時間ほどかかる場合があります。

Googleアナリティクスで覚えておきたい基本的な7大用語の解説

画面を見てみると、様々な用語と数値が確認できますが…。正直よく分からない所もあると思います。
ですので、代表的な7つの用語を解説しますので、少しずつ慣れて行ってみてくださいね。

覚えておきたい7大用語(クリックで詳細が確認できます)

セッション

あなたのブログへの訪問数です。
一人のユーザーがアクセスをしてからブログを離脱するまでで1セッションと数えます。
尚、30分以内に何もしない場合は離脱扱い。30分以内に離脱⇒再度アクセスは同じ1セッションカウントとなります。
例えば、1度離脱して、30分以上経過後にもう1度アクセスしてくれたら、2セッションになります。

ユーザー

あなたのブログへ訪問をした人数です。
パソコンやブラウザのCookieと言う情報を元にカウントするため、同じCookie情報を持つユーザーは一人とカウントされ、何度アクセスをしても一人です。
セッション数とイコールにならないのは、人によっては複数回訪問してくれるからです。(つまりはリピーター)

ページビュー数

ページが開かれた回数の総数です。
例えば、一人が10ページみても、2人が5ページずつ見ても、同じ10ページビューです。

ページ/セッション

ペービュー数をセッション数で分かった数字です。
例えば、100PVに対して5セッションの場合、100÷5で20となります。

平均セッション時間

ブログにアクセスをしてから離脱するまでの平均時間です。
設定で計測のされ方が異なる為、最後のページを閲覧した時間がカウントされていない事もあります。
その為、必ずしも平均滞在時間とはイコールではありません。

直帰率

1ページの閲覧だけでブログから離脱(閉じられた)された率です。

コンバージョン

コンバージョンとは、予め設定した目標に対しどれだけ達成したのか、その成果を指します。

例えば、お問い合わせページへのアクセスや、商品の購入など、あなたが具体的にウェブサイト上でユーザーにとって欲しい行動だと捉えてください。

 

運営者 佐藤
よく使うので、まずは、この7つの用語を覚えておきましょう!

Googleアナリティクスの基本的な使い方・見方・見るべき5つのページ

次に多機能なGoogleアナリティクスですが、最初から完全マスターをしようとしても、どこから始めたらよいかが分からなくなりますよね。
そんなあなたの為に、まずこのページの見方と使い方さえ覚えておけば、アクセスアップと集客に十分に活用できるページを5つに絞りました。

ここが分かるだけでも十分にアナリティクスを使えている事になるので、まずはこの5つを覚えましょう!

Googleアナリティクスの基本的な使い方・見方・見るべき5つのページ(クリックで詳細が確認できます)

「リアルタイム」メニュー 現在アクセスしているユーザー数を調べる

最初に知りたい事は、「今自分のサイトへアクセスってあるの」という事だと思います。
アナリティクスは、ログインをしてホーム画面にアクセスをすると以下の様に「リルタイム」で

  • 今何人が
  • どの記事を読んでいて
  • どこからアクセスをしているのか

という事をパッと見て分かるようになっています。

Googleアナリティクスのホーム画面

ただ、ここだけだと少し分かりにくいので、左側のメニュニーにある『リアルタイム』内の『概要』で更に細かなデータを見ることができます

  • 地域では、どの国、更にはどの都市からのアクセスがあるのか
  • トラフィックでは、どの記事にどこ経由でアクセスがあるのか(検索やSNS等)
  • コンテンツでは、具体的にどの記事なのか
  • イベント、コンバージョンでは、設定をした目標に対し、今現在それが達成しているのかどうか

という事も知ることができます。

Googleアナリティクスのリアルタイムの概要画面

ただし、あくまで「現時点で」なので、「あ~、そうなのかぁ」程度で見るので十分です。
また、サイトのターゲットによっては、アクセスが集中する時間とそうではない時間があります。
ですので、必ずしもリアルタイムで誰か氏らがアクセスしていないとダメだという事はありません。

「ユーザー」メニュー

まずは、あなたのブログへのアクセスが日にどれだけあるのか?という事を把握しましょう!

完全に使いこなせずとも、まずはざっくりとでもあなたのブログのアクセス数を把握しておくことは、大事です。
ブログ集客をするにしても、アクセスアップをするにしてもまずは「今」を知っておかないと何もできませんからね。

Google Analyticsの管理画面の左側のメニュー『ユーザー』の中にある『概要』をクリックしましょう。

Google Analyticsユーザー概要

そうすると以下のような画面が表示されます。

Google Analyticsユーザー概要画面2

この画面では、指定した期間内で以下の情報を知ることができます。
尚、この画面で表示される各用語の詳細は以下の通りです。

セッション

あなたのブログへの訪問数です。
アクセスをしてからブログを離脱するまでで1セッションと数えます。
尚、30分以内に何もしない場合は離脱扱い。30分以内に離脱⇒再度アクセスは同じ1セッションカウントとなります。
例えば、1度離脱して、30分以上経過後にもう1度アクセスしてくれたら、2セッションになります。

ユーザー

あなたのブログへ訪問をした人数です。
セッション数とイコールにならないのは、人によっては複数回アクセスしてくれるからです。(つまりはリピーター)

ページビュー(PV)数

ページが開かれた回数の総数です。
例えば、一人が10ページみても、2人が5ページずつ見ても、同じ10ページビューです。

ページ/セッション

ペービュー数をセッション数で分かった数字です。
例えば、100PVに対して5セッションの場合、100÷5で20となります。

平均セッション時間

ブログにアクセスをしてから離脱するまでの平均時間です。
設定で計測のされ方が異なる為、最後のページを閲覧した時間がカウントされていない事もあります。
その為、必ずしも平均滞在時間とはイコールではありません。

直帰率

1ページの閲覧だけでブログから離脱(閉じられた)された率です。

新規セッション率

解析で指定をした期間内で、初めて訪問してくれた人の割合です。
例えば、100人中50%が新規訪問であれば、50%になります。

ユーザー層

アクセスがどこからされているのかを国、日本国内の地域別知る事が出来ます。
*経由するサーバーIP等で必ずしも正確とは限りません。

システム

ブログにアクセスをする人が、何OSを搭載したデバイス(端末)からアクセスをしてくれているのかを知る事が出来ます。
Windows、iOSMac、OSなど、OSのほかに、使用ブラウザや使ったインターネット回線までわかります。

モバイル

スマホからアクセスをしてくれたユーザーの端末の種類が分かります。
分かるのは、OS、画面解像度、キャリアです。

運営者 佐藤
殆どは、言葉の通りなので覚えやすいと思います。
まずは、この画面になれてそれぞれがどの位の数値なのかを把握できるようにするといいですよ!

「ユーザー>モバイル>サマリー」でユーザーが使うデバイスを把握しよう

次に、あなたのブログがPCとスマホで、それぞれどの割り合いで、読者がいるのかという事を把握しましょう。

今スマホからのアクセスが多いと8割以上のブログもざらにあります。
なので、あなたのブログのメインの読者が使うデバイス(PCもしくはスマホ)で読みやすいか?操作しやすいか?という事を把握して調整する事が非常に重要なんです。

例えば、あなたのブログの読者は90%スマホからのアクセスだとしましょう。
この場合、いくらPCからのアクセスで表示されるサイドバーに力を入れても、そこまで到達してもらえない可能性が非常に高いことが分かります。
(サイドバーはスマホの場合、記事の後に表示されるからです)

そうしたら、どれだけ記事内で関連記事へアクスをしてもらえるようにしたらいいのか?
もっと読みやすくするためにはどうしたらいいのか?
と言ったことを考えて、記事を構成すればOK!という事が言えます。

 

Google Analyticsの管理画面の左側のメニュー『ユーザー』の中にある『モバイル』から『概要』をクリックしましょう。
そうすると、このような画面が表示され、あなたのブログがPC・スマホ・タブレットの3種類のデバイスどれからどれだけの数字(割合)でアクセスされているのかが分かります。

Google Analyticsアクセス元のデバイス

因みに、この画像の場合ではPCが約6割なので、PC寄りにした方が良いという事ですね。
ただし、後述するコンバージョンのでスマホからの方がゴールページへのアクセスが多い場合は、スマホに注力という事になります。

 

尚、『デバイス』をクリックすると、このように具体的にどの端末からのアクセスがどれだけあるのか?という事までわかってしまいます!

Google Analyticsアクセス元のデバイス詳細

Apple強し!全体約65%がiPhoneとiPadからでした。

「集客」メニュー

集客メニューをみれば、指定をした期間内において

  • どの記事へ
  • どこから
  • どれだけのアクセスがあったのか

という事が出来ます。

「集客>すべてのトラフィック>チャネル」で流入元を把握しよう

Googleアナリティクスの集客メニューにあるすべてのトラフィック内チャネル画面

この集客ページで見るべきは、あなたのサイトへアクセスを流してくれている記事やページが一体どれなのか。という事です。
これを知る事で、何対策をすればよりアクセスアップが見込めるか予測がつけやすくなりますし、逆に弱いところ(例えばSNSが極端に少ない等)も分かりますので、どう展開するか戦略を立てる事もできます。

表内の用語の説明

  • Organic Search:主にGoogle、Yahoo!Japan、Bingと言った検索エンジンの検索経由でのアクセスを意味します。
  • Paid Search:GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索連動型(リスティング)広告から流入したセッションです。
    一般に「有料検索」と呼ばれます。
  • Direct:ブックマークやURLの入力で直接(ダイレクトに)アクセスされたことを意味します。
  • Referral:他のサイトに貼られた外部リンクから流入したセッションです。
  • Social:Facebook、twitter等のSNS経由でのアクセスを意味します。
  • Display:ディスプレイ広告から流入したセッションです。
  • Other Advertising:Paid SearchにもDisplayにも分類されない広告から流入したセッションです。
  • Other:その他のセッションです。
運営者 佐藤
広告を使わない方は

  • Organic Search(検索経由)
  • Direct(直接)
  • Referral(他のサイトリンクから)
  • Social(SNS経由)

この4つがメインになりますので、最低限ここだけは意味を覚えておくと良いですよ!

尚、集客メニューの詳い使い方は、『GoogleAnalyticsで、記事・サイトへの外部アクセス元を調べる方法』で解説していますので、見方を覚えたい方は併せてお読み下さい。

「行動」メニュー

行動メニューでは主に、あなたのブログ等サイト上でアクセスをしたユーザーがどのような行動をとったのかという事が分かります。

これを知る事により、どの記事を読んだユーザーが、何を求める傾向が強いのか。
また、内部リンクで誘導した記事やページが機能しているのかという事も分かるようになります。

「行動 サイトコンテンツ ランディングページ」でユーザーが最初に見たページを把握

次に、どの記事からあなたのブログにアクセスされているのか?入口となる記事を知る事です。
この入口となる記事が『ランディングページ』として表示されます。

このランディングページを知る事で、あなたのブログと読者との接点が分かるので、その関連記事を増やす事で更なる読者集め(アクセスアップ)へと繋げられるようになります

 

Google Analyticsの管理画面の左側のメニュー『行動』の中にある『サイトコンテンツ』メニュー内の『ランディングページ』をクリックしましょう。
そうすると、このような画面が表示されます。

Google Analyticsランディングページ

ここで上位表示される記事は、あなたのブログの入口です。
検索順位を上げる事で、更なるアクセスアップが望める場合は、リライトをする事をお勧めします。

ブログ記事のリライトのやり方は『【ブログのリライトやり方まとめ】過去記事を検索1位にした全手法を公開!』で詳しく解説しています。

効果抜群!ブログの過去記事をリライトで検索順位を維持・上げるやり方と18のコツ

2016.09.09

 

尚、ランディングページとよく読まれる記事は必ずしもイコールとは限りません。
なぜなら、よく読まれる記事が必ずランディングページを経由するとは限らないからです。

Google Analyticsランディングページは人気記事とは限らない

このように、同じ数字でも経緯が違うので、注意が必要です。 それぞれの記事の『強み』を掘りましょう!

 

このようにして、ブログへの入口となる記事とよく読まれる記事を把握しておくことで、どの記事を伸ばせば更にアクセスアップが出来るのか?

「行動 サイトコンテンツ すべてのページ」でよく見られているページを把握

Googleアナリティクス内サイトコンテンツの全てのページ画面

ここでは、あなたのブログ等のサイト全体でアクセスがあるページ順に

  • ページビュー数(総閲覧数)
  • 訪問者数
  • 平均ページ滞在時間
  • 閲覧開始数(全体のうち、最初に閲覧したランディングページだった数)
  • 直帰率
  • 離脱率

これらを主に知ることができます。
あなたのサイトへアクセスを流してくれているいわば『看板記事』です。

初期状態では、ページのURLが表示されており、クリックするとそのページを確認することができます。
『プライマリ ディメンション』で『ページ』から『ページタイトル』にクリックで切り替えると、ページタイトル一覧が表示されるので、より確認がしやすくなります。

「コンバージョン」メニュー

Googleアナリティクス内コンバージョン画面

あなたのブログの目的が集客である場合、必ずこのコンバージョンの確認もするようにしましょう。
例えば、お問い合わせページ、商品紹介ページ等、「このページを最も見てもらいたい」というブログのゴールとなるページですね。

「昨日はアクセスが10あったけど、今日は5しかない。」としたとします。
でも、数字だけ見るとなぜ落ちたのかが分かりませんよね。

この原因を探る為には、『コンバージョン』の設定を行い

  • どのページからアクセスされるのか?
  • そのアクセスをしてくれる読者は何経由なのか?

という事を解析をして把握しておきます。
これが出来れば、どこからくるどんな記事を読む人に向けて訴求をする事が、ゴールとするページへのアクセスを増やせるのか。
という事の予測が立てられるようになります。

後は、実際に記事を書き、「解析を通してその仮説が正しかったのか」という事が分かれば次につなげられるという訳です!

詳しい設定は『GoogleAnalyticsを使いブログ内コンバージョン率を測定する方法』で解説しています。
是非この機会に設定しましょう!

GoogleAnalyticsを使いブログ内コンバージョン率を測定する方法

2016.02.28

この他参考記事:『WordPressのサブディレクトリのページもGoogleアナリティクスでコンバージョン設定する方法

WordPressでサブディレクトリで例えばサービスメニューを作っている場合は、『WordPressのサブディレクトリのページもGoogleアナリティクスでコンバージョン設定する方法』をご参照の上、設定をしてください。

 

また、コンバージョンには先ほどお伝えしたように、内部リンククリックの他に、外部リンククリック、電話番号のクリック等も含まれます。
ですので、何を測定したいのかにより、設定方法が異なります。

詳しくは『WordPressのサブディレクトリのページもGoogleアナリティクスでコンバージョン設定する方法』で解説していますので、併せてご活用ください。

何人が目標完了したかを見る

コンバージョンは設定しただけで終わりではありません。
最終的には、そのページへの到達など、あなたがブログ上でユーザーにとって欲しい行動をとってもらえたのかを知る事が大切です。

そうする事で、改善・活用し、更に集客力を安定させながら増やすくことが可能となります。

詳しい調べ方は『GoogleAnalyticsを使いブログ内コンバージョン率を測定する方法』で解説しています。
目安として、設定後1ヶ月くらいはデータを収集したうえで解析を行う事がお勧めです。

なぜなら、期間が短すぎると十分なデータが貯えられない事。そして、曜日やイベントごとなどにより、数値がばらついてしまうからです。

 

運営者 佐藤
以上がGoogleアナリティクスの基本的な使い方・見方・見るべき5つのページとなります。

まとめた記事で『Google Analytics初心者が最初に覚えるべき5つの使い方』もありますので、初心者の方は、このページを重点的に活用されることをお勧めします。

ここまでが、Googleアナリティクス初心者の方が

  • まず最初に行っておく設定
  • 覚えておくと良い基本用語
  • これだけでも十分に使える基本メニューの使い方

となります。

それぞれ詳しく解説をしたページも掲載しているので、ぜひ併せてご活用ください。

知りたい事・調べたい事別のメニュー

ここからは、あなたの知りたい事・調べたい事別に各メニューをご用意しました。
それぞれの見出しをクリックしていただければ、詳細が表示されますので、目的別にご活用ください!

導入編(初心者向け) 登録~基本操作(クリックで詳細が確認できます)

導入編(初心者向け) 登録~基本操作

導入編は、主に初心者の方を対象とし、ファーストステップとなる導入・登録から基本的にな使い方や用語を覚えていただけるようにコンテンツを厳選しています。

「これから導入するよ。」「使い始めたばかりだよ。」という方は、まずはここから覚えてゆきましょう!

指定日時のアクセス数、時間帯アクセス数の調べたい

指定をした日時や期間、時間帯ごとのアクセス数などを調べたい時は、以下の記事で解説しています。

Googleアナリティクスで指定日時や期間・時間帯アクセス数を調る方法

一体どこから記事・サイトへアクセスがあったのかを調べたい

あなたのブログサイトからユーザーがどこへ離脱したのかという事を調べる方法です。
例えば、他のサイトや、閉じてしまったのか、更に検索しに行ったのかという行動で、あなたのブログ内で滞在・回遊率を高める対策を練る事も出来るようになります。

Googleアナリティクスで記事・サイトへの外部アクセス元を調べる方法

どのページに、どの検索キーワードで訪れているかを調べたい

アクセスがあるページが一体どんなキーワードで検索されているかを調べる方法です。
これが分かれば、更にアクセスアップさせたり、集客に繋げやすくなります。

⇒近日追加予定です

よく見られているページや特定の記事が何回みられているかを調べたい

登録されたサイト内で、どのページが何回みられているのか…いわゆる『看板記事』を調べる方法です。
更に応用編で、そのページの詳細を調べる方法も解説しています。

Googleアナリティクスでよく見られているページとアクセス数を調べる方法

リアルタイムの訪問ユーザー数やどのページが見られているか調べたい

今現在、あなたのサイトへどこからどれだけのユーザーが何を見ているのか。
そして、あなたの望む成果が得られているのかどうかを調べる方法です。

キャンペーンや投稿を予め仕込んでおいた時などに活用できる機能です。

Googleアナリティクスでリアルタイムの解析やその詳細を調る方法

地域別アクセス数を調べたい

例えば、特定の地域の方からのアクセスに力を入れているSEO対策やキャンペーン広告などを打っている時など、「この地域からのアクセスが欲しい!」と言う時に、そこからのアクセスが集められているのかどうか。という事を知る方法です。

Googleアナリティクスで地域別のアクセス数を調べ解析する方法

実用編 解析・活用(クリックで詳細が確認できます)

実用編 解析・活用

実用編は、主に中級者の方を対象とし、集客やアクセスアップに必要な具体的な活用方法を覚えていただけるようにコンテンツを厳選しています。

導入編の使い方を一通り覚え、これから更なるアクセスアップや集客の仕組み化をしてゆきたい!という方はガンガン活用しましょう!

データの期間変更と比較をしたい

Googleアナリティクスでは、解析データの期間を変更したり、比較させることができます。
そうする事で、例えばキャンペーン広告を打ったことによる変化や、Googleのアップデート時の影響を調べる事等ができます。

Googleアナリティクスでデータの期間変更と比較をする方法

検索キーワードで表示される「not provided」を解析したい

検索されたキーワードを調べようとすると「not provided」と表示されてしまい、困ってしまったことありませんか?
簡単に言うと、「分かりません」という事なのですが、調べる方法があります。

実は集客に繋げる大切なキーワードが隠れていますので、もれずにチェックしましょう!

Googleアナリティクスのnot providedを解析して集客に繋げる方法

GoogleアナリティクスとGoogle広告などの外部ツールと連携(リンク)・変更・解除したい

Google広告とGoogleアナリティクスをそれぞれ独立して使う事はよくありますが、実は連携させることで集客力を更に高めることができます。
Google広告単体では見えないデータがアナリティクスと連携させることで見える事。
そして、アナリティクスで取得したユーザーデータは集客に有効活用する事が出来るんです。

この記事では、Google広告を使い、集客力を上げたいと考える方の為の、GoogleアナリティクスとGoogle広告を連携(リンク)・変更・解除する方法について解説をします。

GoogleアナリティクスをGoogle広告とリンク(連携)・変更・解除する方法

競合サイトと自社サイトを比較したい

自分のサイトって、「一体どの位のレベルなんだろう…?」なんてふと気になることがありませんか?

というのも、ブログなどのサイト運営していると、必然的にライバル・競合がどこなのか。
という事をリサーチ時などに知る事になる訳ですが、実は超大手過ぎてそもそも歯が立たない。なんて事もあります。

そこで意識をしたいのが、今の自分のサイトと同等レベルの競合サイトと比べ、どうなのか?という事です。
これを知り、戦略的にブログを育てて行けば、無理なく検索順位を上げてアクセスアップや集客に繋げることができます。

では、その為には何をすればいいのか?というと、Google Analytics(アナリティクス)の「ベンチマーク機能」を使う事です!
具体的にどうすればいいのか、設定~使い方までまるっと解説しますので、ぜひあなたのブログサイトの育成にお役立てください。

Googleアナリティクスのベンチマーク機能で競合サイトと自サイトを比較する方法

Googleタグマネジャーと連動さて、より詳細なデータ解析を行いたい

Googleタグマネージャーを使えば、あなたのサイト内で発生する様々なイベントの数値を測定することができます。
例えば、内部リンククリック・外部リンククリック・電話番号クリック等です。

アナリティクスのコードを埋め込む方法もありますが、手間がかかり、管理が大変なので、お勧めするのはタグマネージャーです。

WordPressにGoogleタグマネジャーをプラグインで設定する方法

電話番号のクリック数を知りたい

主に店舗集客をしたい方で、電話番号での予約や問い合わせを受け付けている方は、この解析を出来るようにしましょう。

Googleタグマネージャーで電話コンバージョンを測定する方法

外部リンクへのクリック数を知りたい

どの記事経由でどのURLがどれだけクリックされたを知り、クリック数を上げたいですよね。

この記事では、あなたのブログやWebサイト内に設置をした外部リンクのクリックをGoogleタグマネジャーのイベントトラッキングを使って測定する設定方法について解説します。

Googleタグマネジャーで外部リンクのクリック数を測定する方法

内部リンクのクリック数を知りたい

内部リンクとは、あなたのブログなどウェブサイト内で別ページに移動をさせる為のリンクの事を指します。
このクリックを知る事で、あなたのブログ内でいったいどこへのクリック数(率)が高いのか、そしてそれがどのページなのかという事を知る事が出来るようになります。

Googleタグマネージャを使い内部リンクのクリック数を調べる方法

カスタム・応用編 便利機能(クリックで詳細が確認できます)

カスタム・応用編 便利機能

カスタム・応用編は、導入後に発生するトラブルや、管理者としてさらに活用できる幅を広げたい方に向けたコンテンツを厳選しています。

ここでのコンテンツは、初心者の方も使っていただけますので、必要に応じて活用してください。

ブログのアクセス数が減った原因をすぐに調べたい

もしあなたのサイトのアクセスが急に減ってしまった場合、何かしらの原因があります。
その原因を調べる方法を解説しています。

Googleアナリティクスを使いブログのアクセス数が減った原因をすぐに調べる方法

リファラースパムのアクセス数を除外したい

「なんか今日はやたらアクセスが多いな?」と思ったら、海外からのアクセスばかりだった…。
なんてご経験はないでしょうか。

海外向けのサイトではない場合、スパムの可能性が非常に高いです。(これをリファラースパムと言います)
数件程度のアクセスであればいいのですが、それが何百、何千となってしまうと、正確なアクセス解析ができません。

そうならないよう、対策方法について解説してゆきます。
是非お役立てくださいね!

Googleアナリティクスでリファラースパム対策(除外)をする2つの方法

自分のアクセス数を除外したい

ブログのアクセス解析をする際、より正確なデータが欲しいですよね。

例えば、記事の公開後に自分でも読み返すためにアクセスをしたりすると、そのアクセス自体もアナリティクスがカウントしてしまいます。
そうすると、データに差異が出てしまいます。

そうならないよう、この記事では、あなたのアクセスを除外し、より正確なアクセスデータを解析する方法を解説します。

Googleアナリティクスで自分のアクセス数を除外する方法

アカウントの追加・削除をしたい

新たにサイトを作った時などにGoogleアナリティクスを使い解析を出来るようにしたいですよね。
そんな時に役立つのがアカウント機能です。

このアカウント機能を使えば、複数サイトの管理が簡単にできるようになります。
この記事では、Google Analytics(アナリティクス)でアカウントの追加・削除方法する方法。
またアカウントを万が一削除してしまった時の復旧方法を活用事例と共に解説します。

Googleアナリティクスでアカウントの追加・削除・復旧する方法

複数サイトを分析したい サイトの追加・削除をしたい

ブログなどのサイトで成果を出す為には、解析が必須ですが、アナリティクスへの登録はちゃんとしていますか?
この記事では、そんなGoogleアナリティクスで複数のサイトを追加したり、削除する手順を解説します。

Googleアナリティクスで複数サイトを分析・解析するプロパティの追加・削除方法

ユーザーの追加と権限の設定・ユーザーの削除をしたい

特定のサイトのアナリティクスデータの共有をしたい場合は、ユーザーの追加や権限を付与することができます。
例えば、コンサルティングや車内でデータ共有をしたい時に便利な機能なので、必要に応じて使ってみるといいですよ。

Googleアナリティクスでユーザーの追加・削除と権限の変更設定をする方法

まとめ ブログ集客を極めるなら、Googleアナリティクスを使いこなそう!

以上が、Googleアナリティクスの使い方講座です。
今後更にコンテンツを追加したり、最新版にアップデートしたりしてゆきますので、ブックマークしておいてくださいね!

ブログやWebサイトを使い、集客が出来ない…アクセスが増えない…と悩む方が多いですが、実はこうした解析ができていない事が原因であることが殆どです。

様々な最新ノウハウを取り入れるのも良いですが、目安として3ヶ月に最低1度はアナリティクスの解析データと睨めっこしてみましょう!

アナリティクスの解析を覚え、ブログ集客を仕組み化したい方は、『コンサルティング』や『オンラインスクール』のご提供もありますので、ご興味がございましたら、ご相談くださいね!

運営者 佐藤
あなたのサイトにアクセスが集まり、集客できるようになりますように!

応援しております!