Google広告タグマネージャーのサイトコンバージョンタグの設定方法

この記事では、Google広告出稿時に併せて使いたいGoogleタグマネージャーのコンバージョンタグの設定方法について解説をします。

コンバージョンタグを使う事で、「どの広告から」「いつ」「どのようにして」コンバージョン(お見積もりや電話発信、お申し込みなどを指します)したのかをデータで見る事が出来るようになるので、より成約率の高い広告へ修正して行く事が出来るようになります。

 

こんにちは!来客メディアコンサルタントの佐藤旭です。

私自身、最近初めてGoogle広告を本格的に使い始めたですが、分からないことだらけだったので1つずつ忘備録として残してゆこうと思います。

同じ様に「これからGoogle広告使うんだけど!」という方のお役に立てればな。と思います。

コンバージョンタグ設定のメリット

Google広告でコンバージョンタグを設定するメリット

Google広告を出す際に必ず設定しておきたいのがこの、コンバージョンタグの設定です。

実際に広告を出した方であればお分かりいただけると思いますが、広告は1発で必ずコンバージョン(お見積もりやお申し込みの成約など)するという事はまずありません。

出した広告を解析しながら最適化し、そして徐々に成約率を上げてゆく流れとなります。

 

そこで役立つのがこのコンバージョンタグです。

このタグを設定しておくことによって、もし広告からコンバージョンした際…

  • いつ
  • どんな属性のユーザーが
  • どの広告経由で

コンバージョンに至ったのか。と言う事を計測データとして確認できるようになります。

 

運営者 佐藤

偉そうな事を書きましたが、実はこの存在を知らず、ただ広告を出していました…。

後から「これやらないと!」と焦って設定をしたのが本当の所です…。

コンバージョンタグの設定手順

では、ここからGoogle広告のコンバージョンタグの設定手順について解説して行きます。

このタグの大まかな流れとしては

①Google広告側で『コンバージョンID』『コンバージョンラベル』の2つを取得する。

②Googleタグマネージャー側で『Google広告のコンバージョン トラッキング タグ』を設定する。

となります。

 

尚今回は、Google広告からアクセスをしたユーザーが、お見積もりフォームから依頼を送信後に表示されるサンキューページに到達したらイベントとしてカウントする。と言う条件にします。

この条件にした理由は、お見積もりページまでの到達では、実際にお見積もりには至っていない為、今回の広告を出した目的である「お見積もりの依頼をいただく」と言う事が出来ていないからです。

Google広告で『コンバージョンID』『コンバージョンラベル』の2つの取得手順

まずは、Google広告側での操作となります。

Google広告の管理画面にアクセス・ログインをし、下の図のように画面上のスパナマーク『ツールと設定』をクリック。
表示されるメニュー一覧から『測定』⇒『コンバージョン』をクリックします。

下の画面が表示されるので、この様に⊕マークの『コンバージョン』をクリックします。

そうすると下の図のように『新しいコンバージョン アクション』の画面が表示されます。
今回は、サンクスページへの到達なので『ウェブサイト』をクリックします。

そうすると、『ウェブサイトのコンバージョン アクションを作成』画面が表示されます。

まずは『カテゴリ』から今回の目的である『見積もりのリクエスト』をクリックして選択します。

次に、『コンバージョン名』ですが、分かりやすく今回は『見積もりのリクエスト』にしました。

その下の『値』は、「もし成約したら平均値としていくらの売り上げか」を基準に設定してみました。

その下の『カウント方法』は今回『全件』としました。
(もし、「1ユーザーにつき初回のお見積もり以外はカウントしない」という場合は『初回のみ』です。)

さらにその下にスクロールをすると『作成して続行』ボタンがあるのでクリックします。

(その上の設定は今回特に操作しませんでした。)

そうすると、下の図のように『タグを設定する』のステップの画面が表示されます。
今回は、タグマネージャーを使うので『Googleタグマネージャーを使用する』をクリックします。

そうすると、下の図のように『コンバージョンID』と、『コンバージョン ラベル』の2つが表示されます。

この2つは、この後のGoogleタグマネージャーで使用する為、メモ帳などにコピーをしておきます。

コピーが終わったら、『次へ』ボタンをクリックします。

これでGoogle広告側は終わりとなります。

続けてGoogleタグマネージャーの設定へと進みます。

Googleタグマネージャー側で『Google広告のコンバージョン トラッキング タグ』を設定する手順

ここからは、Googleタグマネージャーでの設定となります。

まず、Googleタグマネージャーにログインし、ワークスペースを開きます。

*Googleタグマネージャーに未登録の場合は、こちらの『WordPressにGoogleタグマネジャーをプラグインで設定する方法』で詳しく解説してますので最初に登録を済ませておいて下さい。

 

ワークスペースの画面が開いたら、下の図のように『新しタグを追加』リンクをクリックします。

そうすると、下の図のように新しいタグの設定画面が表示されます。
まずは『タグの設定』から行います。

『タグの設定』エリア右上にペンの様なマークがありますので、そこをクリックします。
そうすると、『タグタイプを選択』の画面がひだ狩り側から表示されますので、一覧から『Google広告のコンバージョン トラッキング』をクリックします。

そうすると、下の図のような画面になります。
『コンバージョンID』と『コンバージョン ラベル』それぞれに、この前のGoogle広告側で取得したものを入力します。

これで『タグの設定』は終わりです。

続けて同じ画面の下にある『トリガー』の設定を行います。

『トリガー』エリア右上にペンの様なマークがあるので、クリックします。

そうすると、『トリガーの選択』画面が左側から表示されます。
素のメニューの右上に+(プラスマーク)がありますので、クリックすると、続けて『トリガータイプを選択』画面が表示されます。

この一覧から『ページビュー』をクリックします。

そうすると、下の図のような画面になりますので、

『トリガーの発生場所』を『一部のページビュー』にし、その下3つのボックスは『Page URL』『等しい』『サンクスページのURLを入力』にします。

ここまで出来たら、画面右上にある『保存』ボタンをクリックします。
この時、タグ名を決める画面が表示されますので、あなたが分かりやすい名前にして下さい。
(今回は、「見積もりのリクエスト」にしました。)

運営者 佐藤
『サンクスページのURLを入力』の所は、あなたが広告から最終的に表示されたいページにして下さい。

 

今回の場合、お見積もり依頼をフォームから送信すると、サンクスページがひょじされるように設定してある為、そのページを設定してあります。

そうすると再び、ワークスペースの画面に戻ります。

画面右上にある『公開』ボタンをクリックします。
そうすると、変更内容の入力画面が表示されます。
あなたが以降、「何をこの時にしたのか」と言う事が確認しやすくなるように、説明などを入力してください。(任意です)

これで、タグマネージャーの設定は完了です!

最後に設定が反映されているかの確認をしましょう。

Google広告の管理画面にアクセス・ログインをし、画面上のスパナマーク『ツールと設定』をクリック。
表示されるメニュー一覧から『測定』⇒『コンバージョン』をクリックします。

その後、コンバージョン画面で下の図のように反映されていればOKです!

設定お疲れさまでした!

まとめ Google広告を出す際は、必ず設定しましょう!

以上が、Google広告を出す際に必ず設定しておきたい『コンバージョンタグ』の設定方法・手順でした。

冒頭の方でもお伝えした通り、Google広告を出したからと言って、最初からいきなり集客ができる訳ではありません。

実際にアクセスをしたユーザーのデータなどを分析し、そして最適化して行く事で成約できるように、そして成約率を上げて行く事が出来ます。

 

その為にも、今回のコンバージョンタグは正確なデータ測定をする上で必須です。

まだやっていない方はもちろん、これからGoogle広告を出す方も必ず設定してくださいね!

3年以上ブログのみでWeb集客を仕組み化している方法を特別公開しています!

UP Blogでは、集客・販売が仕組み化されたブログを作りたい方に向け、
3年以上「ブログだけで」自動で累計5,000名以上のメルマガ読者獲得、4,000万円以上売り上げ続けるブログの秘密をまとめたE-book等スペシャルな特典を、メルマガ登録者限定で無料プレゼントしています!

E-bookでは、
・売り込みなし
・営業活動なし
・過剰な演出をしたSNS投稿なし
・高額広告運用なし

でも3年以上もの期間

・ブログにアクセスを集める方法
・自動的に見込み客を集め続ける方法
・ブログで継続して収益をあげる方法

また

・読まれる記事にするコツ
・集客型ブログの作り方

等について、2冊、総200ページ以上に渡り解説しています。

メルマガのご購読、特典の受け取りは全て無料です!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。