この記事では、サイトのリンク切れをチェックし、お知らせしてくれたり、修正してくれたりしてくれるWordPressプラグイン『Broken Link Checker』の使い方を解説します。

ブログやWebページを運営してゆく中で記事や固定ページの中にリンクをはってゆくと思いますが、そのリンク先のURLが気が付かないうちに変わっていたり削除されていたりと、リンク切れを起こして今う場合があります。

実はリンク切れをそのまま放置しておくと、検索エンジンからの評価が落ちてしまいSEO的によくないのです。

読者さんから見ても、折角興味がわいてクリックしたリンクがNotFoundだったらきっとガッカリしてそのままページを閉じてしまう事でしょう。

滞在率やPV数にも大きく影響を及ぼしてしまいますよね。

とは言っても、コンテンツが増えてくると1つ1つ見て回るのは骨が折れる作業です。
また、見落としてしったり、面倒くさいのですが、そんな時に簡単にリンク切れをチェックできるプラグイン『Broken Link Checker』がめちゃくちゃ便利なので、使い方を解説してゆきますね。

スポンサーリンク

WordPressプラグイン『Broken Link Checker』の特徴

このプラグイン、下記5つの特徴があります。

  • Webサイト内のリンク切れを自動的にチェックし、リンク切れを発見したらダッシュボードで教えてくれる。
  • YouTube等の動画共有サイトにある動画の公開停止のチェックもできる。
  • どのページのどの部分にリンク切れがあるかを具体的に教えてくれる。
  • リンク切れのリンクを1クリックでリンク解除できる。
  • チェック自体がクリックで完了してしまう。

簡単で手軽なのに、本格的って事ですね!

Broken Link Checkerの使い方。早速インストールをしましょう

Broken Link Checkerプラグインをインストールにするには、【ダッシュボード】⇒【プラグイン】⇒新規追加で表示される画面の検索ボックスで【Broken Link Checker】と検索すると出てきます。

【Broken Link Checker】プラグインが表示されたら、【いますぐインストール】と書かれた箇所をクリックしてインストールして下さい。
有効化を忘れずに行って下さい。

Broken Link Checkerのプラグインアイコン

利用するための準備はこれで完了です。

Broken Link Checkerを使ってリンク切れのチェックをする方法

リンク切れのチェックは一瞬パッと終わります。

【ダッシュボード】⇒【ツール】⇒【リンクエラーをチェック】で確認ページを開きます。

Broken Link Checker02

 

すると・・・もう結果画面が表示されます。

Broken Link Checker03

「ホッ・・・」

大丈夫だったようです。

この様にして、パッとリンク切れがないかをチェックすることが出来るので、インストールして損はないでしょう。

Broken Link Checkerを細かく設定する方法

「リンク切れのチェックのし方を細かく指定したい!」
そんな場合は【ダッシュボード】⇒【設定】⇒【Broken Link Checker】から設定画面を開きます。

Broken Link Checker04

 

開くと、下図の様な設定画面が表示されます。

Broken Link Checker05

 

詳細を好みで設定してYARPP08をクリックすればOKです。

後は再び、ツールからチェックすれば完了です。

まとめ

ブログやWebサイトを運営してゆくなかで手間なのが管理です。

日々のメンテナンスあってこそ、集客が増えてくるようになるとは言えそこまで時間が取れないという方もいらっしゃると思います。

そういう時こそ、こういったプラグインでパッと終わらせたいですよね。
こういった便利なプラグインが多いのもWordPressの魅力の一つだと思います。