年末が近づいてくると、手帳を買う方が多いと思います。

手帳って、使い方で夢がかなうとか聞いたことがありませんか?

実は、本当なんです。

そんな夢がかなう手帳の一つ、マンダラ手帳を僕は愛用していますが、ちょっとクセがある手帳なんです。

 

今回は、夢が叶う手帳活用術として、先日開催したマンダラ手帳活用会の内容も踏まえてお伝えします。

 

手帳を買ったけど、使い方がよく分からない。
これから初めて手帳を買おうと思うけど、使い方の目安が欲しい。

と思っている方が、

「なるほど!こう言う使い方でいいんだ!」

「これなら、自分もできそう。よし、来年から手帳を使おう」

となるきっかけとなればなと思います。

 

大前提として一つお伝えしたいのが、手帳はあなただけのものであり他の誰かのものではありません。

正解はありませんし、答え合わせもありません。

自分をより良い方向へ導くためのツールと言う事を、どうか覚えておいてください。

 

因みに、マンダラ手帳には簡単な使い方が同梱されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンダラ手帳とは 人生とビジネスを豊かにする手帳である

一般的な手帳は、縦にその週のスケジュールを書き込むタイプが多いですが、
マンダラ手帳は、下の写真の様に、9マス構成になってて
大きな目標から切り崩して1日ごとに落とし込める仕様になっています。

mandara03

 

大まかな構成として

  1. 人生計画
  2. ビジネス計画
  3. 年間先行計画
  4. 月間企画計画
  5. 週刊行動計画
  6. 日間実践計画
  7. チェックリスト
  8. 人生百年計画

この8つのサイクルを活用し、年間目標に向けて日々生活が出来る様
かなり緻密な作りとなっています。

価格も一般的な手帳より少し高いので、買う時は結構勇気がいると思いますが
問題は買った後。

折角買ったから活用しようと気合を入れるものの、今までのタイプとかなり違うので
どこから手を付けてよいのか、使い方が正しいのかと不安になってしまうんですよね。

 

基本的には、先の8つを1~順番に書き込んでゆけばOKで
最終的に年間目標を達成させる為の使い方が出来れば良いんです。

 

サイズは3タイプありますが、僕はA5もしくはB6が書くスペースが多いのでお勧めします。
*2015なA5、2016に使ったB6サイズがしっくり来たので、2017もB6にしました。

密かな人気商品で、年末になると入手困難になってしまうので早めの購入をお勧めします。

 

余談ですが、チャート部分だけのアプリもあります。
*僕は使った事がありません。

マンダラチャート
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥240
スポンサーリンク

全部を埋めなくてもOK。詰め込まないことの重要性。

これ、かなり多い悩みだと思うんですが、手帳は全部埋めることが目的ではないので、埋めなくてOKです。

むしろ、埋めすぎるとスケジュールがビッチリになり、みているだけで気がめいってしませんか?

 

何もない日があってもいいんです!そういう日は、思いっきりゆっくりしようじゃありませんか!

 

毎週○曜日は何もしない日!
この日は午後から何もしない日!

そういった、余暇を楽しむのこ大切なので、手帳の全項目は埋めようとしなくて大丈夫です。

 

あまりルール化してしまうと、かえって手帳が重い存在になってしまう。
手帳は自分を縛るものではなく、自分を自由にするもの。

 

マンダラ手帳の場合、「今週の目標・役割」と言う項目がありますが8つ全部ない週があってもOK。

むしろ、8つもあると、こなすのがきつい事も多いので、本当にその週にやる必要のある事だけを書き出すことをお勧めします。

 

僕の場合、やる気がない週は、真っ白です(笑)

目標は大きいところからたて、崩してゆく。

マンダラ手帳は、年⇒月⇒週⇒日という構成になっています。

目標を立てる上で大切なのは、最終的にどうなりたいのかです。

なので、結果⇒年間目標といった大きな目標。

その結果にために、何をするのか、それをする為に何が必要なのか
費用は?期間は?場所は?人は?と崩してゆき

月ごとに、得たいゴールを決め、その為に週ごとに何をするのか
日ごとに何をするのか、と言う具合に書き出してゆきます。

 

因みに、日ごとの目標は誤差が出ることが多いので
1週間が終わった時、月が終わった時にその目標が達成できればいい
という考え方で取り組むと気負いせずにすみますよ。

 

小さなことの積み重ねは大切ですが、そのすべては大きな目標を達成する為。
細かいところにこだわり過ぎない事です。

 

だから、ゴールから逆算!、大きな目標から切り崩してゆきましょう。

 

マンダラ手帳なら、P4~P7をじっくりと書くことをお勧めします!

mandara02

毎日見直し、思い出せない項目は削除する。

手帳で大切な作業は、書き出すだけではありません。

毎日見直して、自分が今どこなのか、これから何をどうするのか・したいのか
確認を行う事もとても重要。

 

その上で、パッと来ない事・思い出せない事は削除してしまう。

 

書き出さないと叶えられない事は事実であっても、書き出しても叶えられない事がある。

「ああ、そういえば今年の頭にこんなこと書いたっけ」

程度の事であれば、今となっては叶えたいことではない。消してしまう。

 

優先順位や、目標・夢は日々変化してゆくものなので、変わったら遠慮せずに変える。
もういいやと言う事は消してしまう。

 

毎日自分と向き合って、整理する作業がとても大切。

 

改めて見直すと、「あれ、俺こんなこと書いたんだ」って事がホントにあります。
僕は、こういう時、後から見直すと気持ちの変化などが分かるので
消すのではなく、横線で消ししています。

mandara05

写真や絵を活用し、ビジュアル化する。

聞いたことがある方も多いと思いますが
行きたい場所・欲しいもの・憧れる人物等の写真を手帳に貼ると
夢を叶える・実現させる手助けをしてくれるといわれています。

 

ここで重要なのが、自分の未来のイメージが
自分の中に鮮明に出てくるほど自分が思い描ているかどうかです。

 

みるのは自分だけ。
思い切って、写真を貼ったり、絵をかいたりしてみると
脳みそが、パァー!っと活性化するのが分かり
高揚感が身を包まれます。

 

想いがなければ、何も叶えられない。
夢や憧れをビジュアライズして、常に手元に置いておきましょう。

 

僕は、行きたい場所の写真、大切な仲間の写真
自分が輝いていた、もっとこうなりたい!と思える写真を貼っています。

mandara04

ここでは、2014年のハイライト写真を貼っています。

 

手帳は自分だけの聖域(サンクチュアリ)。書きたいことは何でも書いてしまう。

「手帳だから、スケジュール以外書いていけない」。

なんてことは決してありません。

書きたいことは何でも書いてOKだと思います。

まめな方ですと、プチ日記みたく一言書いている方もいらっしゃいますよね。

  • 毎月の収支を書いてもOK
  • 売り上げを書いてもOK
  • アポ先リストを書いてもOK
  • 心に刺さった一言を書いてもOK
  • 欲しいものを書いてもOK
  • 気になったものをメモしてもOK
  • 議事録を書いてもOK
  • 家族の用事を書いてもOK
  • も~なんでもOK

手元にある手帳があなたにとって価値あるものになれば、何だっていいんですよ。

 

僕は、お金のやり取りで夫婦間で摩擦が起きないように
基本的なお金の出入りについてメモ書きをしていますが
いちいち収支表を引っ張り出さなくてよいので、便利ですよ!

mandara03

ページ右のMEMOは、自由欄。
僕は図やメモ、思いついたデザインを書いています。

僕の使い方。リスト化して、ひたすら消す。

僕自身、手帳を使うようになって3年とかそんなもんですが、
僕が今一番使いやすと思うのが
リスト化したものをひたすら赤ペンで消してゆく方法です。

何時に何をするってのは、極力書きません。

書くときは、人と約束があるときだけ。

それ以外は1日にする事をリスト化して、好きな順番に消化して
終わったら、赤ペンで消す。

すっごいシンプルだから、続けられる。
続けられるから、目標を達成しやすくなる。

mandara06

 

まとめ。手帳に書くのは未来の自分。自分を導こう。

いかがでしたでしょうか。

これは、僕が教えて頂いたこと、実際にやっている事ですが、
もし、目指す人物がいて、その方が手帳を使っているのなら
どう使っているか聞いてみるといいですよ!

 

手帳に書くことは、自分を縛るものではなく、自分を未来へと導くものでありたい
と言うのが僕の考え。

 

どの道だれも答え合わせなんてしてきません。
自分の思うままに活用するのが吉です!!

 

因みに、お手本やもっと具体的な事例が欲しい!という、あなたにはこういったものもあるので、参考にされてみてはいかがでしょうか!

来年の準備を今からして、最幸な1年にしましょうね!

スポンサーリンク