最近、ビジネス関連で色々とお手伝いをさせていただける機会が増えてきました。

全力で取り組ませていただいていますのですが、そんな中でよくこんなことをお話しすることがあります。

 

 

これをやる目的はなんですか?

現状考えている最終的なゴールはなんですか?

 

 

なぜこういったお話をするかというと、

例えば何か売ろうと思ったときに

売ることだけにフォーカスしてしまうことが非常に多と感じたからです。

 

スポンサーリンク

この2つは意識しよう!物の見方で結果は変わる

 

1、いつの間にか相手をお財布としてみている。

勿論、お金をいただくのがビジネスとして一つのゴールであることは間違いないと思います。

 

ただ、そこだけにフォーカスをしてしまうと、とにかく売りたいが故に信用も得られませんし

最悪信用を失い、結果的に何も残らなくなってしまいます。

僕自身経験がありますが・・・悲惨ですよ(苦笑)

 

 

2、結果を出すために、シナリオがまったくないままスタートしている。

漠然とこれをやる!だと、「・・・で、何をしたらいいのだろう?」と長い時間考え込んでしまうケースがあります。

そうなるとあれもできるしこれもできるし・・・と目移りしてしまいます。

ネットビジネスでいうと、ノウハウコレクターもこれにあたると思います。

 

ビジネスで収益を上げるのは当然です。

ただ、そのためにどういった流れでそこにたどり着くのかを明確化させる必要があります。

可能性は確かに無限大ですが・・・全てが叶うわけではないのです。

 

 

あなたの体は1つなので、その瞬間出来ることは1個です。

有限な時間を使ってできることは1個なので、その瞬間に何をするのかシナリオが必要になるわけですね。

 

 

まずは書き出してみて下さい

何かやろうと思ったとき、特にビジネスに関する場合はこんなことを書き出してみてください。

僕自身もコンサルティングを受ける際に実際に書き出したものでもありますし

これをやることにより、やるべきことが明確化します。

note

 

  • 何を(売りたい商品)
  • 現状どういった状態の誰に(ターゲット)
  • どの媒体を使って(訴求方法)
  • 何を知ってもらい(解決方法の提案)
  • 何を提案し(商品によって得られる未来やメリットの提示)
  • 結果何を買ってもらい、収益をあげたいのか

 

 

先にも書きましたが、ネットビジネスに限らず、最初はとどうしても手広くやろうとなってしまいがちだと思います。

 

 

ただ、結果的に最初からいくつもやって力と時間を分散させるより、

1つに絞ったて力も時間も集中させた方が圧倒的に結果を出しやすくなります。

 

そういったことから、上記に当てはめると必然的に扱う商材が絞られますし

やることが具体化しますのであれこれ迷わくなります。

もし、迷ったとしても迷う対象が全然絞られていますから大きくそれることはないと思います。

 

 

 

まとめ

まずはやりたいことが何なのか?

改めて書き出して整理しましょう。

そして、手広くやろうとはぜずに1つに絞りましょう。

 

 

結果的に、1つを極めるといやでも色々できるようになります。

なぜなら、一つの事を成し遂げるためには、いくつものほかの要素が絡んでくるかです。